本を読むだけで治る!ぎっくり腰の治し方【サーノ博士のヒーリング・バックペイン】

読むだけで腰痛が治るという本を見つけました。 『サーノ博士のヒーリング・バックペイン』(春秋社刊)という本です。 この本はまだ読んではいませんが、これから取り寄せて読む予定です。 本を読んで腰痛が治るというのは、腰痛を治す方法を学んでから治すというのではなく、心理的なブロックを解いて治すということのようです。 先日、前触れもなく突然ぎっくり腰になり、カイロプラクティックの施術を受けて良くな

続きを読む

長女が湧永製薬の滋養強壮剤キヨーレオピンを服み始めた理由とは?

長女が小学生、中学生の時に、キヨーレオピンを健康維持のために何度も服ませようとしても、イヤがってなかなか服もうとしませんでした。 ところが、親が何度すすめても服まなかった長女が高校生になった時に、意外な理由で自分から服みはじめたんです。 子どもにナゼ滋養強壮剤を服ませるの?と思われる方もおられるかもしれませんが、キヨーレオピンには大人用の効能と子ども用の効能があるんです。 決して大人だけが服

続きを読む

【平成27年産 新米】魚沼産コシヒカリより美味しい?!出雲國の仁多米!

食品スーパーやお米屋さんの店頭に平成27年産の新米が並び始めました。 新米おいしいですよね。コシヒカリの新米、すごくおいしいですよね。 コシヒカリの新米にまつわるお話を2つご紹介します。 新潟県長岡駅前のビジネスホテル『長岡パークホテル』 宿泊の楽しみは朝食のご飯 新潟県全県を担当していた時、主に新潟市、長岡市、湯沢町のホテルを利用していました。 長岡市で宿泊する時は、駅前の長

続きを読む

2、3日前から急に疲れやすくなって背中が痛い!これって心筋梗塞の前兆?

知人の女性(60代)が心筋梗塞になり、緊急手術を受けました。 幸い、発作が起こる前に病院に行ったので、奇跡的に助かりました。 ご本人に聞くと、2、3日前から急に疲れやすくなって、背中も痛かったとのことでした。 「疲れやすい」とか「背中が痛い」だけでは、普通、心筋梗塞を疑うこともないし、病院に行くこともあまりないと思います。 心筋梗塞の前兆、前触れについて調べましたので、ご紹介します。 俳

続きを読む

「あさが来た」の原案『小説 土佐堀川』を古川智映子さんが執筆したキッカケ

NHK連続テレビ小説「あさが来た」、4月2日で終わりましたが、半年間楽しませてくれました。  「あさが来た」の原案は、古川智映子さんが、1987年に発刊した『小説 土佐堀川』。 出版されてから、実に27年後にNHKの朝ドラになるなんて、驚きです。 古川智映子さんが執筆しようと思ったキッカケを知ったので、まとめました。 執筆のキッカケは『大日本女性人名辞書』 古川智映子さんは、女性を主人

続きを読む

突然の腰痛(ぎっくり腰?)で治療院に行ってきました【福岡】

朝、なんとなく腰に違和感があるな、と感じていましたが、夕方になると歩くのもままならない状態になりました。 次の日は、布団から起き上がるのも大変な状態に。 どんどん悪化するので、近所のカイロプラクティックに行ってきました。 ポキポキしないカイロプラクティック カイロプラクティックというと、首を強引に動かしたり、骨をポキポキ鳴らして治療するというイメージがありましたが、真逆の治療をされ

続きを読む

風邪を引いて発熱!すぐに熱を下げたら風邪が長引くってホント?

風邪を引いて発熱したら、誰もが熱を下げたいと思いますし、市販の風邪薬の効能には、かぜの諸症状(発熱、せき、たん、頭痛、のどの痛み、悪寒、関節の痛み、筋肉の痛み、くしゃみ、鼻水、鼻づまり)の緩和などと書かれています。 ですが、風邪を引いたらナゼ発熱するのかという理由を考えたら、解熱剤を服用して熱を下げることは風邪を長引かせることになるということが分かります。 発熱のメカニズム 風邪に限

続きを読む

風邪の引き始めは漢方薬で!発熱・悪寒・ふしぶしの痛みに麻黄湯!

日本人は一年に4回ほど風邪を引くのだそうですが、毎月のように風邪を引いている人もいらっしゃいますよね。 風邪を引いたらすぐに病院に行く方、市販の風邪薬を服用する方、クスリを服用しない方、様々です。 風邪の引き始めでしたら、漢方薬が劇的に効きますので、試してみてください。 風邪に効く漢方薬 風邪に効く漢方薬は色々ありますね。 葛根湯(カッコントウ)、麻黄湯(マオウトウ)、麻黄附

続きを読む

2017 年賀状の宛名書き 間違えやすい名前15選!

ヤフオクやメルカリで注文を受けて、商品を発送する時に大間違いをしたことがあります。 いつも郵便番号、住所、氏名を確認してから発送しているのですが、名前を間違えてしまいました。 幸い、商品は先方に届きましたが、大変申し訳なかったです。 「西林」さんに送るべきところ、「西村」さん宛に送ってしまったのです。 名字を読んだ時から、「西村」さんと思い込んでいて、チェックしてもチェックにならなかったの

続きを読む

【年賀状のマナー】知っておきたい賀詞(年賀状の書き出し)のマナー

手作りの年賀状で、間違えてしまいがちな賀詞のマナー。 2017年の年賀状は、どんな年賀状を考えておられますか? 年賀状印刷のカタログにも、『賀正』や『初春』と大きな文字の入った見本はがきが掲載されていて、ついつい使ってしまいますが、目上の方に出すには避けたほうがよいようです。 『寿』、『賀』などの1文字、『賀春』、『迎春』の2文字の賀詞(年賀状の書き出し)は略儀的と考えられるからです。 知

続きを読む