【放射能対策】お家でできる放射能の減らし方!野菜・くだもの編その1

チェルノブイリの原発事故から約30年。

ヘラルド放射能安全研究所では、長年の実験によって分かった放射能除去の方法を教えてくれています。

キッチンでできる食品放射能の減らし方を知ることが大切です。

放射線セシウムの特徴は、「放射線セシウムは水に溶けやすく、油脂類とは結合しない」ということです。

この大原則を踏まえて、食材の放射能を減らしていきましょう。

「【放射能対策】お家でできる放射能の減らし方!野菜・くだもの編その1」の続きを読む…

未分類

【放射能対策】お家でできる放射能の減らし方!牛肉・豚肉・鶏肉編

肉類の放射能を落とすのは、なにより勇気が必要です。

放射能のことが心配でしょうがないという方は完璧に、そうでもない方は、試しに一度やってみるか、ちょっとだけやってみてください。

美味しさを犠牲にして、そこまでできないという方は、やり方だけ知っておいてください。

キッチンでできる食品放射能の減らし方放射能のことも知りましょう。

「【放射能対策】お家でできる放射能の減らし方!牛肉・豚肉・鶏肉編」の続きを読む…

未分類

【放射能対策】お家でできる放射能の減らし方!魚介類編

セシウムは水に溶けやすい。

なので、雲と一緒に遠くまで運ばれ、放射能が広がります。

ですが、水に溶けやすいので、水で流すこともできます。

キッチンでできる食品放射能の減らし方としては、洗ってむいてまた洗う

普段皮をむかないものも、しっかりむきましょう。

魚介類の放射能を落とすには、・・・

「【放射能対策】お家でできる放射能の減らし方!魚介類編」の続きを読む…

未分類

『一年一組せんせいあのね』キラキラ輝く子ども達の詩に感動!笑い・涙・優しさ

一年一組せんせいあのね』(理論社刊)という詩集があります。

この本を編集したのは、鹿島和夫先生と灰谷健次郎先生のお二人です。

小学校1年生の子どもたちの詩を集めたものです。

小学校の鹿島和夫先生の教室で始まった『あのね帳』に「せんせいあのね」という題で子ども達が書いた詩がもとになっています。

この詩を知人に紹介すると、何ともいえない温かい空気になるので、ノートに写し、話題の一つとして使っておりました。 「『一年一組せんせいあのね』キラキラ輝く子ども達の詩に感動!笑い・涙・優しさ」の続きを読む…

未分類

社会人の基礎力!明石家さんまさんに学ぶ聞き上手(?)3対1の法則!

野呂エイシロウさんの『話のおもしろい人の法則』(スコム刊)。

この本には、話上手な人、聞き上手な人、いい人(?)の特徴(明石家さんまさんの例など)が具体例を通して書かれています。

話のおもしろい野呂エイシロウさんが言っていることを学べば、話のおもしろい人になれます。そして、コミュニケーション力が身につきます。

野呂さんは、ご自分の結婚式の当日、結婚式のことをすっかり忘れてしまい、テレビ番組収録後に、所ジョージさんと一緒に食事に出掛けてしまった経験をお持ちです。

食事中に、何十回もの妹さんからの着信履歴に驚き、気づいて駆けつけたものの大遅刻。

遅刻する人はいても、自分の結婚式を忘れてしまう人は、日本にはいないでしょう。 野呂さんは話の面白い人でもありますが、生き方、存在自体がおもしろい人ですね。 「社会人の基礎力!明石家さんまさんに学ぶ聞き上手(?)3対1の法則!」の続きを読む…

未分類

【食中毒対策】焼肉屋での不注意な箸使いがO-157食中毒を招く!?

焼き肉

友人・知人と焼肉屋に行ったときのこと。

友人が「じか箸でいいよね!」と言いながら、既に箸でお肉を挟み、

せっせと、肉を網の上に並べ始めます。こんな焼肉奉行はいりません!

心の中は、「えっ、勘弁してよー」と思いつつも、平然とした表情をしている自分。

こんな悲しい経験をされたこと、ありませんか?

焼肉屋のマナーとしては、菜箸トングを使ってほしいものですね。

「【食中毒対策】焼肉屋での不注意な箸使いがO-157食中毒を招く!?」の続きを読む…

未分類

【食中毒対策】食中毒事故の多くは冷凍工程の失敗にあり!冷蔵庫保存の知恵!

ホテルや仕出し弁当店で起こす食中毒の原因の多くは、 料理を冷却する工程での失敗にあるのだそうです。

ホテルの大宴会での料理は、もちろん、その日だけで作られているのではありません。

仕込みのスタートの日を考えると、1週間も前から1品1品作られていて、 料理によって冷凍や冷蔵保存をされて、当日再加熱され提供されるわけです。

冷却保存の時の、そのちょっとした失敗が食中毒事故を起こす原因のようです。 「【食中毒対策】食中毒事故の多くは冷凍工程の失敗にあり!冷蔵庫保存の知恵!」の続きを読む…

未分類

【食中毒対策】魚を焼く時は菌も丸焼きに!中心部75℃の加熱が必要

焼魚2 魚を焼く時、魚の厚さが一定でないため、焼きムラができやすいのですが、 食中毒にならないために、気をつけることがあります。

それは魚の中心部を75℃以上になるようにしっかり焼くことです。

特に沿岸部の小魚の腸の中に腸炎ビブリオという食中毒菌がいる可能性があるので、 よく加熱することが大切です。 「【食中毒対策】魚を焼く時は菌も丸焼きに!中心部75℃の加熱が必要」の続きを読む…

未分類

【食中毒対策】余ったカレーは超危険!鍋底にはウェルシュ菌がうじゃうじゃ!

カレーライスは、作ったその日より、次の日のほうが美味しいと思っていて、作ったその日のカレーよりも、2日目のカレーライスをいつも楽しみにしていました。

幸いにしてカレーライスが原因の食中毒を起こした記憶はないのですが、余ったカレーは超危険なんですね。

調べてみたら、カレーライスの集団食中毒は頻繁に起こっていますね。

カレーライスは、作ったその日に、底まで食べて完食しよう!

「【食中毒対策】余ったカレーは超危険!鍋底にはウェルシュ菌がうじゃうじゃ!」の続きを読む…

未分類

【食中毒対策】台所用スポンジに72億個のバイ菌!これで洗えますか?

夕食後くつろいでいると、「食べ終わったら食器を片付けて!」と家内から指示が出ます。

「後でするから」と言っても、聞いてくれません。

「今すぐ!」と二の矢、三の矢が飛んでくるので、抵抗することも出来ず仕方なく従います。

そんな私でしたが、最近では率先して食器を片付けたり、シンクの汚れた食器を見かけると、 台所用スポンジを持って、ゴシゴシと食器洗いをしています。

言われる前に自分からすると、食器洗いも楽しいし、心が落ち着いていくように思います。

日頃使用している台所用ズポンジに、「72億個のバイ菌」がくっついてるなんてショックです。 「【食中毒対策】台所用スポンジに72億個のバイ菌!これで洗えますか?」の続きを読む…

未分類