認知症は誤診されることが多いの?うつ病と誤診されたレビー小体型認知症患者の話

脳12

樋口直美さんの『私の脳で起こったこと』(ブックマン社)を読みました。

ご家族、ご親族で、認知症と診断された患者さんがいらっしゃったら、一度読んでおくべき本だと思います。

6年間、うつ病と誤診され、大変な思いをされた樋口直子さんの日記をまとめた本ですが、「はじめに」(4ページ)と巻末付録の講演録に目を通すだけでも、有益な情報を得ることができます。

「認知症は誤診されることが多いの?うつ病と誤診されたレビー小体型認知症患者の話」の続きを読む…

【レビー小体型認知症】物忘れが出にくい認知症ってあるの?悪夢を見て大声も認知症の症状?

292317

日本の認知症患者数は、予備軍も含めると862万人と言われています。

この数字は、高齢者の4分の1が、認知症、認知症予備軍ということになります。

恐ろしい数字ですね。

認知症の種類によっては、物忘れが出にくい認知症もあり、うつ病や他の病気に誤診されることも多いようです。

3大認知症といわれる「アルツハイマー型認知症」、「脳血管性認知症」、「レビー小体型認知症」の中の「レビー小体型認知症」が物忘れが出にくい認知症です。

発見が遅れたり、誤診されたりすると、認知症の進行が止められないので、注意が必要です。 「【レビー小体型認知症】物忘れが出にくい認知症ってあるの?悪夢を見て大声も認知症の症状?」の続きを読む…

認知症の舅姑が紛失を繰り返し、舅姑から「嫁に盗まれた」と言われた時の対処法

財布

失くしてしまったり、盗難されて困る物の筆頭と言えば、財布でしょうか。

現金、免許証、クレジットカード、健康保険証、nanako、ポンタカード・・・

一度に失くしてしまうのですから、うろたえてしまいます。

高齢者の方の財布の中身は分かりませんが、その時の気持ちは理解できます。

ただ、「きっと誰かが盗んだに違いない」「嫁に盗まれた」などと言われては困ります。

「認知症の舅姑が紛失を繰り返し、舅姑から「嫁に盗まれた」と言われた時の対処法」の続きを読む…

大山のぶ代さん 認知症を発症していた!認知症早期発見の目安

夕焼け

テレビアニメ「ドラえもん」の声を演じていた大山のぶ代さんが認知症とのニュース配信がありました。

症状が出たり出なかったりの状況だそうですが、声優を続けていく意志をお持ちだとか。

認知症の進行が止まり、再び、お元気に声優のお仕事をされることを望みます。

「大山のぶ代さん 認知症を発症していた!認知症早期発見の目安」の続きを読む…

物忘れは認知症の始まり?永六輔さんの老化の兆しチェック!

認知症イラスト3

【訃報】永六輔さんが、7月7日に肺炎のためお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。(2016年7月12日)

知人や友人と話していて、全く覚えがないことを、「約束していたこと、やってくれた?」などと自信満々に質問されたことありませんか?

そんな時、聞き返すのが怖くなって、記憶の糸口を見つけるために、それとなく話を合わせようとしてしまいます。 そういうことありませんか?

実際は相手の勘違いだったのですが、自分が一過性の健忘症になってしまったのかと、不安になって、約束をしたかどうか確認することを躊躇してしまいます。

「物忘れは認知症の始まり?永六輔さんの老化の兆しチェック!」の続きを読む…

認知症に繋がるアルツハイマー病の意外な原因は低血糖にあった?

アルツハイマー

日本での認知症患者は、2012年の推計で、約462万人といわれています。

認知症には、アルツハイマー病脳血管性認知症レビー小体認知症などがあり、

日本人に多いのはアルツハイマー病で、半分を占めます

アルツハーマー病は、その発症の約25年前から、アミロイドβタウと呼ばれる

2種類のタンパク質が脳内に蓄積していることが分かってきました。

「認知症に繋がるアルツハイマー病の意外な原因は低血糖にあった?」の続きを読む…