半身の手足がしびれたら隠れ脳梗塞のチェックを!放置していてはダメ!

チェック

体の片側の手足がしびれたことは、ありませんか?

本当に些細な違和感なので、気のせいかなと思う程度でも、不安になりますよね。気になったらすぐに病院に行くのがベストですが、しびれの感覚がすぐ無くなれば、仕事を休んで病院に行くまでもないか、と思ってしまいます。

でも、放っておくと大変なことになるかもしれません。そんな時には、自宅で簡単にできる隠れ脳梗塞チェックをしてみませんか?

「半身の手足がしびれたら隠れ脳梗塞のチェックを!放置していてはダメ!」の続きを読む…

脳梗塞はなぜ起こる?どんな病気?血液ドロドロが原因か

ドミノ

脳血管が切れたり、詰まったりして起こる発作を脳卒中といいます。

脳の血管が詰まる脳梗塞、血管が破れて出血する脳出血と大きく分けられます。

日本人は脳出血が多かったのですが、最近では脳梗塞が増え、

日本人の脳卒中全体の約6割を占めるようになりました。

「脳梗塞はなぜ起こる?どんな病気?血液ドロドロが原因か」の続きを読む…

専門医から学ぶ!脳卒中の豆知識(症状・予防)と患者が語る後遺症の症状

脳

脳卒中に代表される脳疾患。

早期発見、早期治療で生還する方もいれば、

最新医学の恩恵を受けられずに後遺症で寝たきりや半身不随になる方もいます。

いびきや手足のしびれなどの前兆に気づくことも大切です。

発症し、後遺症が出たとしても、最新リハビリで劇的に良くなる場合もあります。

医師と患者の対談に学ぶ脳卒中。箇条書きにして、まとめてみました。

「専門医から学ぶ!脳卒中の豆知識(症状・予防)と患者が語る後遺症の症状」の続きを読む…

脳卒中のリハビリでメキメキ回復する費用ゼロ円の方法!

脳スイッチ

場所は、アメリカの名門大学の一室。

そこに、脳卒中リハビリの分野で最も権威のある医師がいらっしゃいます。

その方が、脳卒中のリハビリの効果を高める、メキメキ回復する、ある方法を見つけました。

そのある方法は、費用がほとんどかかりません。医師、看護師、家族にも出来る方法です。

その画期的な方法とは・・・・・。

「脳卒中のリハビリでメキメキ回復する費用ゼロ円の方法!」の続きを読む…

老化を早めるフリーラジカルはガン・心筋梗塞・脳梗塞の真犯人 

酸素

私たちの体は、約60兆個の細胞で構成されています。

その細胞ひとつひとつが正常に活動し続けてくれば、「老いる」ことはありません。

けれども、細胞自体を殺してしまったり、傷つけてその活動を邪魔する犯人が、体の中に存在しています。

ガン・心筋梗塞・脳梗塞などの怖い病気を起こす真犯人が、「フリーラジカル」なのです。

「老化を早めるフリーラジカルはガン・心筋梗塞・脳梗塞の真犯人 」の続きを読む…

脳卒中リハビリ 最新研究で見えてきた脳の回復メカニズム

 

神経ネットワーク2

神経生理学者 伊佐正教授の研究室「生理学研究所」は、愛知県岡崎市にあります。

伊佐教授は、「リハビリによる回復の過程で脳に何が起きているのか」の解明を

研究テーマにしておられます。

その研究成果をまとめた論文は、科学専門雑誌「Science」されるなど、

伊佐教授の名前は世界中の研究者に知られています。

その研究成果とは、・・・脳梗塞、脳出血のリハビリ中の方にお伝えしたい内容です。

「脳卒中リハビリ 最新研究で見えてきた脳の回復メカニズム」の続きを読む…

注目!脳梗塞のリハビリ 「頑張らない」リハビリでマヒが改善

185192

脳卒中というのは、脳梗塞と脳出血とくも膜下出血の三つの病気の総称です。

昔は、脳梗塞よりも、脳出血のほうが多く、脳出血は脳溢血と呼ばれていました。

今では、脳卒中の中では、発病者、死亡者共に、一番多いのが脳梗塞です。

脳梗塞、脳出血発症により、半身不随となったり、手が使えなくなったりします。

マヒを治すためにリハビリを始めるのですが、最近注目すべきリハビリが開発されました。

それは、「川平法」です。 「注目!脳梗塞のリハビリ 「頑張らない」リハビリでマヒが改善」の続きを読む…

栗本慎一郎さんから学ぶ脳梗塞の前兆(しびれ、道に迷う・・)

脳梗塞

経済人類学者 栗本慎一郎さんは、検査入院中の1999年10月29日に脳梗塞となり、闘病生活に入られました。

栗本慎一郎さん自身の苦しまれた闘病体験や、脳梗塞についての研究の成果を熱い思いで書かれている著作に、『栗本慎一郎の 脳梗塞になったら あなたはどうする』があります。

高血圧、糖尿病体質、脂質異常症と言われたことがある方には、おすすめの本です。

「栗本慎一郎さんから学ぶ脳梗塞の前兆(しびれ、道に迷う・・)」の続きを読む…