37、38度の熱が2週間以上続くのは何の病気?女性・20代・30代・40代だったら・・・

37度から48度の熱がだらだらと続いて、抗生物質でも熱が下がらない。

熱が続いて、抗生物質でも治らない・・・熱のことだけを考えたら、昔だったら、まず結核を疑いました。

今は結核の治療が進んで患者数も少なくなりまりました。

なので、今は『37度から48度の熱がだらだらと続いて、抗生物質でも熱が下がらない』ならば、膠原病を考えてみる必要があります。

スポンサーリンク

カゼと膠原病の違い

熱のある病気で、一番先に考えられるのはカゼです。

熱が続く期間が2週間未満ならカゼを疑い、2週間以上であれば、膠原病かもしれないという疑いを持って診察を受けましょう。

早く見つけて治療すればよくなります。

女性で、年齢が20代~40代なら、念のための診察をおすすめします。

膠原病の代表的な疾患 エリテマトーデスにかかる人の90%以上が女性です。

スポンサーリンク

膠原病の主な症状

膠原病の主な症状は3つ。

  1. 熱が2週間以上続く
  2. 関節の痛み
  3. ヒフの紅斑

《熱が2週間以上続く》

繰り返しますが、熱がダラダラと下がらない。

女性で、20代~40代であれば、診察を受けましょう。

《熱が2週間以上続く》

関節の痛みは、はじめは、どこが痛いか、分かりません。

身体のあちこちが、走るように痛いという方が多いようです。

神経痛の痛みと同じような痛みですが、若い方がこのような痛みがあると、膠原病の可能性があります。

時間がたつにつれて、痛みの場所が固定してきます。

関節とか筋肉とか、肘や膝、足などが痛くなったり、腫れたりします。

《ヒフの紅斑》

紅斑は、手のひら親指の付け根によく見られます。

ヒフに紅い紅斑ができる病気は他にもありますが、他の病気でできる紅斑との違いがあります。

膠原病の紅斑の特徴は、痛みがないことです。

普通、皮膚病は、痛みか痒みがあるものです。

痛みも痒みもないので、安心しがちですが、実は、痛みも痒みのないほうが怖いのです。

膠原病の可能性があります。

また、他の症状としては、爪がもろくなったり白くなったり髪の毛が抜けたりします。

複数のこのような症状があったら、注意しましょう。

(美容整形で、身体の中にパラフィンやシリコンを入れた方が膠原病になるケースもあります)

膠原病の特徴

膠原病を大きく分けると6つあります。

ほとんどの膠原病は、女性がかかりやすいですが、男性が多い膠原病もあります。

 
病名 症状
慢性関節リウマチ 女性80% 全身の関節に痛みと腫れ
エリテマトーデス 女性90%以上 発熱、衰弱、顔面に紅斑、日光に過敏
強皮症 女性60~70% レイノー症状がある。手から始まりヒフが硬くなる。
ヒフ筋炎 女性60% 顔面に紅斑、筋力低下
結節性動脈周囲炎 男性60~70% 発熱など前身に多彩な症状
リウマチ熱 男女半々 関節炎、心炎を伴う

日本最大級の施設・プラン数!人間ドックの予約ならマーソ(MRSO)

スポンサーリンク

当サイトのイチオシ記事

脳血管のトラブル

お悩み解決

こんな記事も読まれています

コメントを残す

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文