花粉から身を守る!よい花粉症用マスクの選び方

花粉は鼻から入るのを防ぐには、マスクが有効です。

花粉の粒は小さいので、花粉を完全にシャットアウトすることはできませんが、ある程度の効果は期待できます。

マスクの選び方を簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

花粉症用のマスクが大きな効果を発揮する!

マスク

日本医科大学の耳鼻咽喉科で、次のようなマスクの実験をしました。

人間が中に入れるほど大きなボックスを用意して、その中に約3万個のスギ花粉を散らします。

そのボックスの中に、

  • マスクなし
  • 普通のマスク
  • 花粉症用マスク

をした人間が1分間入ります。

鼻粘膜についた花粉の数を数えたら、次のような結果となりました。

マスクなし  1,848個 

普通のマスク  537個 

花粉症用マスク  304個 

マスクをしない時と比べると、普通のマスクでは約3分の1に減り、花粉症用のマスクでは約6分の1に減りました。

毎日毎日、一定の量の花粉が鼻粘膜に付着すると、免疫の暴走が始まるので、少しでも花粉を防ぐことを考えましょう。

 くしゃみ・鼻水・目のかゆみ!花粉症のシーズン到来 人はなぜ花粉症になるの?

スポンサーリンク

市販のマスクを選ぶポイント

マスク1

市販のマスクを選ぶ時は、自分の顔の大きさにあったマスクを選びましょう。

  1. 顔に密着して横に漏れがないもの(横から花粉が入ったら意味がない)
  2. 不織布(目が細かいので、花粉が布を通り抜ける危険性が低い)
  3. 使い捨て(毎日使っていると花粉がくっつく)

普通のマスクでも、顔とマスクの間に水に濡らしたガーゼをはさむとよいそうです。

なんと9割以上の花粉を遮断することができます。

編集後記

家内は北海道出身で、結婚するまで札幌に住んでいました。

北海道には杉の木がないので、花粉症にかかったことはなかったのですが、関東に来て花粉症になりました。

毎年、花粉症の季節になると、目がかゆい、鼻がつまると言っては騒いでいます。

今年は既に、久光製薬の鼻炎薬 アレグラFX(フェキソナジン塩酸塩錠)を買ってきて服用しています。

自分に合ってると言って、喜んでいます。

花粉症になると、どうしても鼻炎薬に頼りがちですが、胃腸が弱った時、体力が低下した時に症状が重くなるので、やはり日頃から食生活には気をつけないといけないですね。

花粉症のため、ということでなく、わたしは、滋養強壮剤のキヨーレオピンとカルシウム製剤がいいのではと思います。

服用し続けると、良さが分かりますよ、きっと。

>>>アイリスオーヤマ花粉空気清浄機 最安値【楽天】

関連記事

スポンサーリンク

当サイトのイチオシ記事

脳血管のトラブル

お悩み解決

こんな記事も読まれています

コメントを残す

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文