グレープフルーツの知られざる驚きの効能7選

近隣のスーパーで目に止まったグレープフルーツ。

トルコ産のグレープフルーツ ダークレットを購入しました。衝動買いです。

ビタミンC:美肌・風邪予防  クエン酸:疲労回復  リモネン:脂肪燃焼・ストレス解消

食物繊維:整腸作用・抗酸化作用  ナリンギン:ダイエット効果  ナイアシン:二日酔いにの表示が目立ちますね。美味しくいただけて、これだけの効能があれば嬉しいですね!

スポンサーリンク

 グレープフルーツとレタスのサラダ 作りました!

GF

GF2

グレープフルーツとレタスのサラダを作ってみました。(1人分)

材料は、グレープフルーツ、レタス、亜麻仁油、塩、胡椒

●レタスは3、4枚を洗って、適当にちぎります。

●グレープフルーツは半分を使いました。

果実に付いている筋はキレイにとりました。

●亜麻仁油をかけ、塩コショウを適量ふりかけます。

すべて適当でしたが、美味しいサラダができあがりました。

写真では美味しく見えませんが。これぞ男の手料理?

スポンサーリンク

 グレープフルーツの栄養と効能

グレープフルーツの花

 ●ダイエット効果 エリンギン

グレープフルーツに含まれるポリフェノールの一種エリンギンには、

食欲を抑制する効果があり、ダイエット効果が期待できます。

食欲を抑えて、少しの食事でも満足感を得られるので、食べ過ぎを防ぐことができます。

また、果物の中でも柑橘類はGI値が低いので、食事の初めにグレープフルーツを召し上がることは、血糖値を急激に上げないので体にいいですよ。

グレープフルーツ&レタスサラダのように、前菜の中にグレープフルーツを入れると、それだけで、ダイエット効果があるかもしれません。

●脂肪燃焼・ストレス解消 ヌートカン リモネン

グレープフルーツの香りの成分に、ヌートンリモネンがあります。

ヌートカンは、中性脂肪をね燃焼させてくれるタンパク質UCPをたくさん作ってくれます。

リモネンは、副交感神経を優位にしてくれ、神経をリラックスさせてくれます。

ストレスによる血行不良を解消してくれます。

資生堂は、香りから脂肪燃焼に至るUCP理論を発見しました。

香り⇒交感神経活性化⇒ノルアドレナリン分泌⇒UCP発現増大⇒脂肪燃焼

 ●美肌・風邪予防 ビタミンC

グレープフルーツ100g当たり、36mgのビタミンCが含まれています。

ビタミンCは、コラーゲンの生成に働き、細胞と細胞をつなぐ接着剤のような働きをしています。丈夫な血管、筋肉、皮膚を作っています。

また、抗酸化作用、風邪予防効果などがあります。

ビタミンCは水溶性なので、体内に貯金することはできません。

ストレス、睡眠不足、喫煙などで大量に消失しますので、毎日補給することが大切です。

●疲労回復 クエン酸

グレープフルーツに含まれるクエン酸は、4gから8g。

クエン酸は、1784年にスウェーデンのシェーレがレモン汁の中から発見しました。

クエン酸は、胃液の分泌を促し、胃の働きを高めてくれます。

食欲のないときには、食欲を増進させてくれます。

また、クエン酸は、体内に取り入れた栄養分をエネルギーに変えるために必要な成分です。しっかり摂ることで、早期の疲労回復を促進してくれます。

デトックス効果 ペクチン

グレープフルーツには豊富な食物繊維が含まれています。

食物繊維は、腸内環境の改善、便秘の解消、血糖値の上昇の抑制などの働きがあります。また、胃腸を調え、デトックス効果も期待できます。

 グレープフルーツとクスリの相互作用

そんないいことずくめのグレープフルーツですが、注意することがあります。

カルシウム拮抗剤などの降圧剤抗生物質高脂血症の薬を服用されている方は、

グレープフルーツを食べると、薬物の効果を増強してしまう可能性がありますので、食べてはいけません。重篤な症状が出てしまう可能性があります。ご注意ください。

また、朝食でグレープフルーツを召し上がるのは、デトックス効果という点でも、体を目覚めさすという意味でも、おすすめするのですが、

管理栄養士の伊達友美先生は、一度に2種類の果物を摂らないように警告されています。

朝は他の果物と一緒に食べないこと。

2種類以上の果物の酵素を一緒に摂ると、

お互いが反発し合って、

せっかくの排出効果が薄れてしまう場合があるからです。

習慣の専門家 佐藤 伝さんは、言っておられます。

朝は、シャワーがいいです。交感神経を刺激して、体がシャキッとします。と。

そしておすすめされているのが、バスルームの足元に、柑橘系のアロマオイル数滴を垂らすこと。

柑橘系の香りで気分よくスタートできますから、と。

ただし、垂らすのは柑橘系のアロマオイルで、ラベンダーの香りはやめたほうがいい、リラックスして眠くなるかもしれないから。

朝目覚めたら、グレープフルーツでスタートしませんか!

※写真のグレープフルーツの包装POP。書いてあることが間違っています。

ナイアシンは、グレープフルーツにはあまり含まれていないようです。

また、食物繊維に抗酸化作用があるわけではなく、抗酸化作用があるのはビタミンCですね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ

人気ブログランキング

関連記事

スポンサーリンク

当サイトのイチオシ記事

脳血管のトラブル

お悩み解決

こんな記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文