くしゃみ・鼻水・目のかゆみ!花粉症のシーズン到来 人はなぜ花粉症になるの?

そろそろスギ花粉量情報がテレビや新聞で頻繁に伝えられる季節となりました。

これからマスクを使用する方が増えていくことでしょう。

毎年、花粉症を発症する人も、そうでない人も、備えあれば憂いなしです。

花粉症になる原因についてまとめました。

スポンサーリンク

免疫の暴走は、こうして始まる

花粉1

花粉症がアレルギーの一種であることはご存知の通りです。

免疫は、体の中に異物が入ってきた時に攻撃するシステムで、免疫があるから私たちは守られています。

異物が入ってきた時に、くしゃみをしたり、せきをしたりするのも、異物を体の中に入れなくするためですね。

鼻づまりになるのは、空気を通しにくくするためでしょうが、息をするため、口からは入ってきてしまいます。

いずれにしても、くしゃみ、鼻水、涙などは、異物を外に流し出すために必要なものです。

風邪の症状も、同じように、ウィルスなどの病原体を外に出すためです。

 くしゃみは風邪の症状?風邪ウィルスの巧妙な企みでは?

花粉は放っておいてもよさそうなものですが、一生懸命免疫システムが発動して、体外に強制的に排出してしまうのが花粉症なのです。

言ってみれば、免疫の暴走です。

免疫の暴走の原因は、アレルギーの原因となる物質アレルゲンです。

花粉症の場合、花粉がアレルゲンということになります。

一般的に花粉症のアレルゲンは、スギ花粉とされていますが、スギ花粉だけではありません。

ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなども花粉症の原因となります。

スポンサーリンク

花粉以外の免疫を暴走させる原因その1

000507

実は、免疫の暴走の第一の原因としてあげたアレルゲン花粉が、どうして免疫に反応してしまうのかは、よく分かっていないようです。

様々な要因がからまっているのだそうです。

その一つの要因が、大気中にディーゼルエンジンから排出される微小粒子DEPが増えることと考えられています。

この微小粒子DEPを吸っていると、暴走の引き金となる免疫ブロブリン(IgE)が体内で作られやすくなります。

空気のキレイなところに住んでいる時は発症しなかったのに、都会に出てきて発症するのは、そのせいかもしれません。

この微小粒子DEPを吸わなくするために、花粉が飛散してからではなく、微小粒子DEP吸引予防のためにマスクをすることをおすすめします。

また、自動車が頻繁に走っている道路のそばを歩くのではなく、できるだけ路地を歩くようにしてはいかがでしょう。

花粉以外の免疫を暴走させる原因その2

もう一つの暴走の原因は、神経伝達物質ヒスタミンです。

くしゃみや鼻水を出せと命令する神経伝達物質がヒスタミンです。

ヒスタミンは本来、体の活動性を高める働きをし、なくてはならないものですが、一方で痛みやかゆみなどの症状を強める働きをしています。

肥満細胞の中に入っているヒスタミンが、IgEが肥満細胞の鍵穴に入って大量のヒスタミンを放出させます。

ヒスタミンが無くなれば、症状が治まるのですが、翌日には肥満細胞がパンパンになるくらいヒスタミンでいっぱいになります。

これが繰り返すと、本来あまりいないはずの粘膜の表面に肥満細胞が現れ、素早くヒスタミンが放出され、症状が激しくなります。

免疫システムとしては、手強い相手が毎日襲ってくるので、万全の体制で敵の襲来に備えようとしているのです。

アイリスオーヤマから花粉の空気清浄機が発売されています。

>>>アイリスオーヤマ花粉空気清浄機 最安値【楽天】

目がかゆくなったら、このおしゃれなメガネが役に立つかも。

 スカッシースマート2 レギュラー ブラック

関連記事

スポンサーリンク

当サイトのイチオシ記事

脳血管のトラブル

お悩み解決

こんな記事も読まれています

コメントを残す

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文