2016年春のスギ花粉飛散予測-北陸・東海の一部を除き前年を上回りそうです!

調剤薬局に置いてあったパンフレットに2016年春の花粉飛散予測が掲載されていました。

スギやヒノキの花粉は、前年夏の気象条件に大きな影響を受けます。

どうやら、2016年は前年の2倍から3倍になる見込みだそうです。

大阪大学名誉教授の萩野 敏先生監修のパンフレットに書かれています。

目のかゆみ、鼻水、くしゃみ、頭痛、イライラなどの症状が少しでも軽くなるよう、今から対策を始めましょう。

スポンサーリンク

花粉数や湿度とスギ花粉症有病率の関係

IMG_0629

有病率の高い地域の特徴は、次の通りです。

 花粉数が多い

 春先の空気が乾燥している

 花粉が飛散する期間が長い

花粉症とスギ花粉症有病率

IMG_0627

横軸が1立方cm当たりの花粉数で、縦軸が有病率です。

花粉数が多いほど、有病率が高いことが分かります。

湿度とスギ花粉症有病率

IMG_0628

横軸が湿度、縦軸が有病率です。

空気が乾燥している(湿度が低い)ほど、有病率が高いですね。

スポンサーリンク

花粉飛散の開始時期

IMG_0626

花粉飛散の開始時期は、例年より早めに飛散が始まる見込みです。

九州、四国、東海は、2月の上旬から花粉の飛散が始まります。

各地の花粉飛散予測

IMG_0625

ちょっと見にくいかと思いますが、各地の2本のグラフは、左が2015年で、右が2016年の予測です。

殆どの地域で、昨年を上回る花粉飛散量です。

今から花粉症対策

花粉症のお薬は、服用しても眠くならない効く薬がありますよね。

症状が出てきたら、そのような薬に頼らずを得ませんが、紫蘇ジュースや甜茶飴を前もって飲んでおくと、症状が軽くすむと喜ばれている方がいます。

人それぞれ、症状が色々ですが、わたしは目が痒くなるくらいなので、いつも花粉症用の目薬をさすだけで大丈夫です。

花粉症シーズンを前に、暴飲暴食をしない、睡眠不足にならないようにする等生活習慣に気をつけることと、毎年1つ新しい花粉症対策をしませんか?

もしそれが効いたら、毎年実行すると、花粉症シーズンを楽々と乗り越えられますよ。

もしダメだったら、来シーズンは次の一手です。

わたしは、個人的には、キヨーレオピン(滋養強壮剤)ボンエナカルシウム(カルシウム製剤)だけで十分だと思っています。

関連記事

スポンサーリンク

当サイトのイチオシ記事

脳血管のトラブル

お悩み解決

こんな記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文