【芸能人】【ガン】食べても食べても痩せてしまう!理由は悪液質と関係があるの?

今井雅之さん川島なお美さんの激ヤセの映像を見た時は驚きました。

今井雅之さんのお顔は、お元気な頃とは別人のようでした。

ニュース番組で初めて川島なお美さんの腕の細さを見た時は、ショックでした。

がん患者特有の激ヤセは、悪液質と関係があるようで、この疾患克服のための研究も進んでいるようです。

スポンサーリンク


ガンと悪液質の関係

悪液質とは、あまり聞かない言葉ですが、明治時代から使われている医学用語です。

がん治療新時代WEBというサイトに、悪液質のことが分かりやすく書かれています。

「悪液質」とは、cachexia(悪い状態)いう医学用語の訳語で、明治時代に訳されたまま現在も使われています。悪液質は心臓や呼吸器の慢性疾患など、がん以外の病気にも見られるので、私たちはがんを原因とするものを「がん悪液質(cancer cachexi)と呼んでいます。打撲や怪我など短期間で治る「急性炎症」と異なり、がんは治癒することがない「慢性炎症」とも呼ばれています。 すなわち、がん悪液質とは、がんの進行に伴い持続・増悪する慢性炎症状態が、脳神経系・内分泌系・代謝系・免疫系の異常を誘発して、「体と心の衰弱・消耗」と「がんの 急速な増大・転移」を引き起こし死に至らしめる「がんの本質的な病態像」と言えるでしょう。

ガンの悪液質は、一気に元に戻らない状態になるのではなく、「前悪液質」 「悪液質」 「抵抗性(進行性)悪液質」とステージが進んでいきます。

「前悪液質」の状態で早期発見して治療を始めると、ガン治療の成績が向上することが期待できるようです。 ガン悪液質に有効なサプリメントもあるようです。

がん悪液質の状態では、大量に栄養を取ることは意味がなく、必要な栄養素を摂取することが重要となる。例えば、イワシなどの青魚の脂身に豊富に含まれる「EPA(エイコサペンタエン酸)」、「DHA(ドコサヘキサエン酸)」、EPA とDHA の結合産物の「リゾルビン」などが炎症性サイトカインの働きを抑制することがわかってきた。しかし、体重減少や体力低下の予防に必要な1 日の摂取量は2g。これはイワシ3〜4 尾分に相当するので、現実的には摂取不可能。そのため、栄養機能食品(商品名:プロシュア)が開発されている。また基礎実験では医療用麻薬(オピオイド鎮痛薬) のモルヒネもがん悪液質の原因とされるTNF–αの発現を抑えることが報告されている。この他にがん悪液質治療薬の候補は多数あり、国際的な治験ネットワークによる共同研究で早急に有効な治療薬を実地医療の場に導入することが必要だ。

栄養機能食品プロシェアは、こちらで販売されています。 クチコミ情報を読むと、飲みやすいので、ご家族の方も喜ばれているようです。

 アボットジャパン プロシュア

人間ドック・検査は【マーソ(MRSO)】で。

がんの早期発見のために。【PET/CT検査】【脳ドック】の初診予約はこちら

スポンサーリンク

悪液質への介入―浮上した炎症制御の重要性

慢性炎症の制御について書かれているサイトがあります。

 悪液質への介入―浮上した炎症制御の重要性

長文で難解ですが大切なことが書かれています。

食べても、食べても痩せてしまうこの病態はがんの進行末期によく見られる現象とされ、これまで有効な介入方法がないとされてきた。しかし悪液質の本態が恒常的に続く炎症であることが明らかになり、食事と薬剤を使った抗炎症治療の試みが始まっている

 

EPA含有食品で制御可能か? 悪液質が進行したがんに限定されたものと一般的には考えられてきたが、炎症というキーワードで考えると、がん全般に関わる可能性も出てきた。言い換えるとがんとは炎症をベースに進行する病気の1つであるという点だ。がんが炎症を引き起こし、それが薬剤の代謝をかく乱し、疼痛などがんに付随して表れる多彩な症状の原因となっているのだ。言い換えるとがんと炎症は不可分の関係にある。 炎症を制御することができるだろうか。現在までに医師が使うことができるツールは2つある。1つは炎症性サイトカインやその働きを封じる医薬を使う方法だ。関節リウマチやキャッスルマン症候群のような高度な炎症を伴う疾患の治療法としてTNFやIL6受容体に対する抗体医薬が実用化している(後述)。この抗体を使う方法は既に臨床研究が始まっている。もう1つは意外にも炎症を緩和する食品を利用することだ。 2009年6月に一般食品として市販された飲料(「プロシュア(キャラメル味)」(販売:アボットジャパン、写真)が一部の緩和医療の専門家を中心に注目されている。1日2パックを通常の食事に加えて取ることによって、多価不飽和脂肪酸の1種、エイコサペンタエン酸(EPA)を2.2g摂取することができる(亜鉛やビタミンC・ビタミンEも入って1パック300kcal)。魚油に含まれるEPAは、その代謝過程において抗炎症性の物質を産生することから、炎症性の症状を改善する効果が認められている。海外では、静脈から投与するEPAを含有する脂肪乳剤や濃厚流動食が開発されている。ちなみにEPA2.2gをマグロから摂取するには、マグロの魚肉1kgを必要とするという。

 アボットジャパン プロシュア

 サントリー DHA & EPA+セサミンEX

体の気になるところがあるけど、なかなか病院には行けない、という方にお知らせです。

「がん」「生活習慣病」などの主要な病気をはじめ、体質も含めると280項目の検査が行える検査キットがあります。

 遺伝子検査MYCODE-マイコード-

編集後記

宮崎県の門川駅の講舎で、杉浦貴之さんの講演を聞いたことがあります。

がん余命半年から生還された方で、「24時間テレビ」「アンビリバボー」などの番組に多数出演なさっています。

『命はそんなにやわじゃない』(杉浦貴之著・かんき出版)は「生きる勇気がわいてくる」と評判の本です。

AMAZONのページで、「著者について」や「カスタマーレビュー」を読むだけで元気が出てきますよ。 命はそんなに  命はそんなにやわじゃない

関連記事

スポンサーリンク
【芸能人】【ガン】食べても食べても痩せてしまう!理由は悪液質と関係があるの? はコメントを受け付けていません。 ガン

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文