認知症に繋がるアルツハイマー病の意外な原因は低血糖にあった?

アルツハイマー

日本での認知症患者は、2012年の推計で、約462万人といわれています。

認知症には、アルツハイマー病脳血管性認知症レビー小体認知症などがあり、

日本人に多いのはアルツハイマー病で、半分を占めます

アルツハーマー病は、その発症の約25年前から、アミロイドβタウと呼ばれる

2種類のタンパク質が脳内に蓄積していることが分かってきました。

スポンサーリンク


イギリスの大学で開発進む

ドイツのアロイス・アルツハイマー博士が、最初にこの病気を報告したのは100年前。

今、イギリスの大学では、脳を傷つけるタウを分解する薬を開発し、

臨床試験にすすんでいるようです。

アメリカでは、今まで100以上のアルツハイマー病の薬を開発しようとしましたが、

失敗したとのことです。イギリスでの新薬開発はどうなるのでしょうか。

アミロイドβタウというタンパク質が、なぜ蓄積するかなど、

今後の研究が期待されるところです。

スポンサーリンク

アルツハイマー病と糖代謝の関係

アルツハイマー病が、初めて学会に発表されたのは、前述の通り、

ドイツの精神科医アロイス・アルツハイマー博士が、精神科の地方大会で行った

病理報告がきっかけでした。

そこで、未知の精神疾患の存在が明らかになり、博士の名前にちなんで、

アルツハイマー病」とされました。

アルツハイマー病と糖代謝の関係については、1980年以降の論文で、

150もの論文があります。

◆痴呆は脳血流および酸素代謝の障害と関係がある。

アルツハイマー型痴呆の始まりでは、大脳毛細血管グルコース(ブドウ糖)

が異常に低下している。(オランダのホイヤー・1982年)

◆アルツハイマー病患者の側頭部皮質から分離された毛細血管が、

ブドウ糖の摂取の低下を示した。(アメリカのマーカス・1989年)

◆早発性初期と遅発性初期のアルツハイマー型痴呆の主要な障害は、

脳のブドウ糖利用の有意な低下である。(オランダのホイヤー・1991年)

◆低酸素や低血糖がある時間続いたり、繰り返して起こると、重い不可逆的な

変化を脳に起こして痴呆可することがある。特に糖尿病で血糖を下げるような薬を

使っている例では、低血糖に充分注意する必要がある。(長谷川和夫・1991年)

等々、やはり、低血糖はアルツハイマー病を招くのです。

日本免疫治療研究会会長の西原克成会長は、アルツハイマー病の原因として、

甘く冷たいもの、アイスクリームの大量摂取を問題にされています。

アルツハイマー病にかかった著名人としては、

レーガン元大統領や俳優のチャールトン・ヘストンが有名です。

なかでも、レーガン元大統領はアイスクリーム好きだったらしく、

7月を国民的アイスクリーム月間としたその月の第三日曜日を、

アイスクリームの日と定めています。

西原会長は、アイスクリームの大量摂取が、なぜアルツハイマー病につながるのか、

言及はされていませんが、低血糖の反復ということを考えれば理解できます。

また、自治医科大学の植木彰教授は、

「よくわかるアルツハイマー病―実際にかかわる人のために」(永井書店)の中で、

アルツハイマー病患者の食行動異常には、糖分特に精製された砂糖の過剰摂取

が目立つ。具体的には、アメを一日中なめるおはぎや大福なら5個くらいは

平気で食べてしまう。コーヒーに砂糖を三~四杯入れてしまう。

アイスクリームを一日に五~六個食べてしまうなどである」

と書かれています。

最後の話は、怖い話です。

甘党の方は、このアルツハイマー低血糖原因説を頭の片隅に入れていただいて、

アイスクリームや甘い物の爆食は控えるようにしましょう。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ

人気ブログランキング

関連記事

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

認知症に繋がるアルツハイマー病の意外な原因は低血糖にあった? はコメントを受け付けていません。 未分類

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文