年間約5万人が突然死しています!原因は心筋梗塞・狭心症・不整脈などの心臓病の6割!

健康だった人が、ある日突然、亡くなってしまう、突然死。

誰もが自分は突然死などしないと思っていても、毎年5万人もの方が突然死でお亡くなりになっています。

突然死というのは発症から24時間以内の死亡と定義されています。

突然死といっても、数分でお亡くなりになる人もいれば、数時間でお亡くなりになる人もいて、様々です。

スポンサーリンク

突然死の原因の6割は心臓病

発作

東京都内で突然死による死亡原因は、

 急性心筋梗塞

 狭心症

 不整脈

 心筋疾患

 弁膜症

 心不全

などの心臓病によるものが6割以上です。

あとの4割の中には、脳血管疾患や消化器疾患があります。

スポンサーリンク

心臓が停止する直接のキッカケ

心臓 ハート

心臓が停止する直接のきっかけは、心室細動房室ブロックという不整脈です。

心臓病の方は、不整脈になる危険性が高いので注意が必要です。

不整脈が気になりだしたら、早い段階で診察を受けることが必要ですし、動脈硬化を予防して、心臓病にならないようにしましょう。

 歯周病は糖尿病や動脈硬化も引き起こす!歯周病新常識Q&A

 バランスのいい食事って?肉と魚と豆の食べ方を変える簡単健康法

心臓突然死が起こるメカニズム

救急車

《心筋梗塞の場合》

心臓に栄養と酸素を送る冠動脈に動脈硬化の塊が形成される

血管の内側(内腔)が狭くなる

狭くなったところにある動脈硬化の塊が敗れる

そこに血栓(血液の塊)が詰まる

血栓から先の血流が途絶えて心筋が壊死する

30分~1時間後に致命的な不整脈である心室細動が起こる

心室細動という病気は、心臓のポンプとしての機能を失う病気で、脳に血液を送ることができなくなり、放っておくと死んでしまいます。

救急車が到着するまでが大事!

AED

発作が起きて、救急車が到着するまでに心臓マッサージAED(除細動器)を使っての緊急処置をすれば助かる可能性が高くなります。

心臓病であることが分かっている患者さんの家族の方はもちろん、そうでない方も、普段から心臓マッサージのやり方、AEDの使い方をマスターしておきましょう。

AED使い方

 AEDが到着したら電源を入れる(カバーをはずすと電源が入るタイプあり)

 音声に従ってパッドを装着する

 誰も体に触れていないことを確認する

 AEDが電気ショックを必要と判断したら、ショックボタンを押す

関連記事

スポンサーリンク

当サイトのイチオシ記事

脳血管のトラブル

お悩み解決

こんな記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文