風邪を引いて発熱!すぐに熱を下げたら風邪が長引くってホント?

風邪を引いて発熱したら、誰もが熱を下げたいと思いますし、市販の風邪薬の効能には、かぜの諸症状(発熱、せき、たん、頭痛、のどの痛み、悪寒、関節の痛み、筋肉の痛み、くしゃみ、鼻水、鼻づまり)の緩和などと書かれています。

ですが、風邪を引いたらナゼ発熱するのかという理由を考えたら、解熱剤を服用して熱を下げることは風邪を長引かせることになるということが分かります。

スポンサーリンク


発熱のメカニズム

風邪イラスト

風邪に限らず、多くの病気に熱はつきものです。

長い間、西洋医学では熱そのものを病気の治療対象にして、熱を下げることを一生懸命してきました。

ところが、発熱は体内に侵入してきた病原体を撃退するために出される警戒警報のようなものということが分かってきました。

病原体に対して、体を守る免疫物質がたくさんあれば、発熱しなくてもいいのですが、少ない時は警戒警報を発令して、免疫物質の援軍を増やさなくてはなりません。

援軍を呼び寄せるために警戒警報を鳴らしても、うるさいからといって、止めてしまえば、病原体との戦いが長引き、消耗戦となってしまいます。

体内に侵入したウィルスは、細胞に取り付きます。すると細胞は、脳の発熱中枢に熱を出すよう指令を出します。熱が上がると、ウィルスを攻撃する抗体がリンパ球で作られます。そして、細菌やウィルスは白血球に食べられます。風邪を引いて発熱するからウィルスと戦うことができるのに、風邪の初期から熱を下げてしまうと、病状は一時的に止まっても、風邪は長引きます

風邪の初期症状だけの時、寒気がする、ふしぶしが痛いような気がする、この時に葛根湯や麻黄湯を服用すると、劇的に効きますよ。

ただ、明日になったら症状がひどくなるかな?と思ったその時に服用しないといけません。

 風邪の引き始めは漢方薬で!発熱・悪寒・ふしぶしの痛みに麻黄湯!

スポンサーリンク

風邪をひかない・こじらせないために体温をあげよう!

ジンジャーティー

風邪を引いた時に体温をあげる必要があるのは、次の通りです。

ウイルスに侵された細胞は、INF-α、βを生産し、NK細胞を活性化します。活性化されたNK細胞はウイルスに感染した細胞を破壊してウイルス感染を防御するという自然免疫の一端を担い、体を守っています。さて、このNK細胞ですが、体温が上がると活性が上昇するそうです。そして、かぜのウイルス、特にインフルエンザ・ウイルスは、高温に弱く、たとえば、体温が37℃になると時間単位、38℃になると分単位、39℃になると秒単位で不活性化します

風邪を引かないためにも、こじらせないためにも、体は温めましょう。温めるためにハラマキレギンス靴下ひざ掛けマフラーを使用しましょう。

しょうがシナモンなどを使ったドリンクや料理もおすすめです。

 ハニー☆ジンジャーティー

 シナモンクッキー

他にも、エッセンシャルオイルでケアされる方もいます。

オイル

 イムネオール100

お部屋の空気をキレイにするにはコチラ。

 【オゾンバスター】手のひらサイズで3~5ppmのオゾン水濃度を実現

関連記事

スポンサーリンク
風邪を引いて発熱!すぐに熱を下げたら風邪が長引くってホント? はコメントを受け付けていません。 風邪・インフルエンザ

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文