脳卒中のリハビリでメキメキ回復する費用ゼロ円の方法!

場所は、アメリカの名門大学の一室。

そこに、脳卒中リハビリの分野で最も権威のある医師がいらっしゃいます。

その方が、脳卒中のリハビリの効果を高める、メキメキ回復する、ある方法を見つけました。

そのある方法は、費用がほとんどかかりません。医師、看護師、家族にも出来る方法です。

その画期的な方法とは・・・・・。

スポンサーリンク


 アメリカ・日本・ドイツなどの7か国の共同の大規模研究

2010年に、アメリカ、日本、ドイツ、韓国など7か国が共同で行った大規模研究の結果が発表されました。それは驚くべきものでした。

携わった研究者でさへ、データに誤りがあるのではないかと疑うほどの、すばらしい結果だったのです。

それは、あることをするだけで、25%も改善する方法でした。

費用もかからない方法です。

それまでにも、25%改善する方法がありましたが、それは費用が、1,300万ドル(約10億円)かけての改善だったのです。

アメリカ国立研究所が中心となった、その大プロジェクトは、脳卒中の後遺症で歩けなくなった患者さんが、最新のリハビリ器具を使用して、どれくらい改善したかを調べるプロジェクトでした。

そのリハビリ器具は、患者さんの体をベルトで吊るし、ランニングマシンの上を歩いてもらうというものでした。

手足が麻痺していて一人では歩けなくても、この器具の使用により、それまでより25%歩くスピードが速くなったのです。

しかし、約10億円かかりました。

ところが、ある方法では、実質ゼロ円です。何ということでしょう。

その方法とは、

ほめること

ただ、それだけだったのです。

これが、7か国が共同で行った大規模研究の結果です。

ほめるだけで、脳はメキメキ回復し、驚異的に歩けるようになったのです。

「ほめられたから、やる気が出て、良くなった」ということでなく、周りの方から、ほめられることで、私たちが考えている以上に、脳にいい影響を与えるメカニズムがあるのです。

スポンサーリンク

効果を高めるほめ方とは

では、どういうほめ方が、脳によい影響を与えるほめ方なのでしょう。

以前の記事(脳卒中リハビリ 最新研究で見えてきた脳の回復メカニズム)で、脳卒中直後の脳は若返る、との考えをご紹介しました。

脳卒中が起きた直後は、今まで使われていた神経ネットワークが壊れたので、神経細胞が活性化し、新たな神経ネットワークが再構築される時です。

このボーナス時期に、上手にほめてあげて、望ましい方向に進めさせていくことが、本当に大切です。

例えば、10メートルの距離を歩いてもらうリハビリだったとしましょう。

患者さんが10メートル歩行した後に、スタッフが、「お疲れ様でした」とだけ言ったとしたら、患者さんは、軽く会釈して、「お疲れ様でした。ありがとうございました」と応えるだけでしょう。

もし、患者さんをほめるとしたら、こうです。

患者さんが10メートル歩行した後に、スタッフが(歩行の時間を測って)、「よくできました! 今日は〇秒でした」とほめる。

もし、結果が昨日より少しでも速くなっていたら、「昨日より3秒、速くなっていますよ、凄いですね」と更にほめる。

もし記録が遅くなってたりしても、「ちゃんと維持できていますよ」「ぐにもっと速く歩けるようになりますよ」と声をかける。

毎日毎日のはげまし、声がけをすることで、どんどんよくなっていくのでしょう。

相手は機械ではないのです。相手がよくなってもらいたいという気持ちで、頑張っている気持ちをほめる、頑張っている行動をほめてあげる、

この行為が、10億円のリハビリ器具に匹敵する方法なのです。

ただし、ほめるにもコツがあります。

専門家がすすめる「上手にほめる」 ポイントは、

 1、「具体的」にほめる

前回よりどれくらい改善したか、具体的にほめることが大切。

2、「すかさず」ほめる

リハビリのあと、すぐにほめると効果的。

3、目標は「低く」

目標を達成できたら、すかさずほめる。

身近な方で、リハビリ中の方がいらっしゃたら、具体的に、すかさずほめて、脳をメキメキ回復するお手伝いをしていきましょう。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ

人気ブログランキング

関連記事

スポンサーリンク
脳卒中のリハビリでメキメキ回復する費用ゼロ円の方法! はコメントを受け付けていません。 脳梗塞

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文