食中毒予防対策6つのポイント!食中毒菌はもともと食品についている!

厚生労働省の統計によると、平成26年の1年間の食中毒の発生件数は、976件、食中毒患者数は、19,355人にのぼります。

ただし、この数字は病院で食中毒であると診断された件数、患者さんの人数なので、実際にはこの数字より相当多いことは間違いありません。

季節により、食中毒の原因は変わりますが、毎月相当な食中毒が発生しています。

食中毒予防の6つのポイントをまとめましたので、参考にしてください。

スポンサーリンク

食中毒の原因と多い季節

食中毒グラフ1
図1 食中毒の原因(平成26年)出典:農林水産省

このグラフのように、食中毒のほとんどの原因は、細菌とウィルスです。

食中毒グラフ2
図2 原因物質別月別 食中毒発生件数(平成26年)出典:農林水産省

昔は、寒い季節は食中毒は少ないと言われていましたが、1年を通じて食中毒が発生しています。

注意が必要ですね。

スポンサーリンク

食中毒菌は食品にもともとついています

食中毒は、細菌やウィルスに汚染された食品を食べることで起こります。

初夏から秋に多いのが細菌による食中毒です。

細菌は、鮮度とは関係なく、食品にもともとついていますので、そのつもりで食品を取り扱いましょう。

代表的な食中毒は次の通りです。

食中毒菌 多い食品
カンピロバクター菌 肉類、特に鶏肉に多い
サルモネラ属菌 肉類、鶏肉に多い
ウェルシュ菌 肉類、根菜類に多い
腸炎ビブリオ 魚介類に多い
黄色ブドウ球菌 人の皮膚や鼻腔に常在
腸管出血性大腸菌(O-157等を含む) 肉類、野菜類に多い

この中で最も発生件数が多いのが、『カンピロバクター』、次に多いのが『サルモネラ属菌』です。

食中毒予防の6つのポイント

食品を買うとき

 温度管理、衛生管理ができている食品店で購入する

 消費期限・賞味期限を必ずチェックし、期限内の食品を選ぶ

 肉類、魚介類、野菜などの生鮮品は新鮮なものを選ぶ

 肉汁や魚類の水分が他の食品に触れないようビニール袋に入れる

 買物が終わったら、なるべく早く帰宅する

食品を保存するとき

 帰宅したら、生鮮食料品を冷蔵庫・冷凍庫に入れる

 肉汁や魚の水分が他の食品に触れないよう、袋や容器に入れて保存する

 冷蔵庫は詰め過ぎない、冷凍室は隙間をなくす

食材を保存する適正温度についてはコチラ。

 一人暮らしでもムダを出さない食材の保存のコツ40選(適正温度編)

 一人暮らしでもムダを出さない食材の保存のコツ40選(卵・ご飯・パン編)

 【食中毒対策】食中毒事故の多くは冷凍工程の失敗にあり!冷蔵庫保存の知恵!

下準備をするとき

 タオルやふきんは、いつも清潔なものに交換しておく

 こまめに手を洗う

 肉、魚を処理したまな板や包丁は、熱湯消毒をする

 【食中毒対策】台所用スポンジに72億個のバイ菌!これで洗えますか?

料理をするとき

 こまめに手を洗う

 加熱するときは食品の中心部を75℃で1分以上

 料理の途中で、食品を常温で放置しない

 【食中毒対策】魚を焼く時は菌も丸焼きに!中心部75℃の加熱が必要

食事をするとき

 食べる前に手を洗う

 料理は食べる直前にテーブルに並べる

 清潔な食器を使用する

 【食中毒対策】焼肉屋での不注意な箸使いがO-157食中毒を招く!?

料理が残ったとき

 残った料理を片付ける前に手を洗う

 清潔な箸を使い、清潔な保存容器に移して保存する

 鍋の中の料理を常温で放置しない

 【食中毒対策】余ったカレーは超危険!鍋底にはウェルシュ菌がうじゃうじゃ!

関連記事

スポンサーリンク

当サイトのイチオシ記事

脳血管のトラブル

お悩み解決

こんな記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文