【赤ワインがおすすめ】お酒が食後の血糖値を下げるって本当?

お酒が食後の血糖値を下げるって本当?」

「はい、本当です」

ただし、お酒でも糖質が入っているお酒を飲むと、血糖値はあがります。

血糖値を下げるお酒は、焼酎ウィスキーなどの蒸留酒です。

赤ワインや日本酒は・・・。

スポンサーリンク


血糖値を下げるには、適度な飲酒が効果的

酒

老けたくないならAGEを減らしなさい』(ソフトバンク新書)の著者、

牧田善二院長(AGE牧田クリニック)は、糖尿病の患者さんに、こう言うんだそうです。

「血糖値を下げるために、適度な飲酒が効果的ですよ」

患者さんは皆、喜んでくださるそうです。

普通は、糖尿病になると医者から禁酒するように言われるのに、逆のことを言われるのですから。

でも、中には、ご主人の言うことを信じてくれない奥様がいるそうで、

奥さんから「糖尿病のお医者さんがお酒を飲むことを勧めるなんて馬鹿な話があるわけがない。どうせつくり話をして飲もうとしているんでしょ」と疑われる方もいます。そんなとき、私はご夫婦で来院してもらい、奥さんにもよく説明するようにしています。

糖質を含まないお酒を楽しみましょう

焼酎

血糖値あげるのは糖質だけです。

カロリーが高くても、糖質微量なら、血糖値上昇しません

お酒に含まれるアルコールは、肝臓で分解されます。お酒を飲むと血糖値が下がる一因は、アルコールを分解するために肝臓が忙しくなり、糖質をつくって血液中に放出して血糖値を保つ糖新生が一時的に停滞するからです。

肝臓がアルコールを分解するのが忙しくて、血糖値をあげる暇がない、というのは面白いですね。

ADA(アメリカ糖尿病協会)では、

アルコールはブドウ糖に変わり、血糖値を上げることはない

としています。

お酒でも糖質が入っているお酒を飲むと、血糖値があがります。

飲んでも血糖値があがらないお酒は、

  • 焼酎
  • ウィスキー
  • ブランデー
  • ジン
  • ウォッカ

などの蒸留酒です。

お酒には、これらの蒸留酒と、醸造酒があります。

醸造酒は、

  • ビール
  • 日本酒
  • ワイン

などです。

醸造酒のビールは麦芽、日本酒は米、ワインはブドウを発酵させてつくるため、アルコール以外に多くの糖質を含んでします。

たとえば、缶ビール1缶350mlには約11g、日本酒1合(約180ml)には8g前後の糖質が入っています。一方の蒸留酒には基本的に入っていません。

元製薬会社営業マン

ビール日本酒ワインなどの醸造酒糖質が入っているから血糖値があがると言われていますが、安心してください。醸造酒にも糖質を含まないタイプのお酒が登場しています。糖質ゼロ日本酒発泡酒がありますが、飲んでもOKです。また赤ワインはグラス1杯で糖質は0.75g程度でとても少ないので大丈夫です。赤ワインに含まれるレスベラトロールというリフェノール老化防止におすすめですし、老化物質AGE抑制する働きがあります

赤ワインは糖質も少ないし、血糖値を下げるし、老化防止にもつながるので、おすすめです。

これまで、血糖値とアルコールの関係を書いてきましたが、これは原則論で、実際には、糖質を含む日本酒やビールを飲んでも、食後の血糖値の上がり方は、緩やかなのだそうです

糖尿病専門の牧田院長が言っているので、ビール、日本酒、ワインなど、大酒を飲まない限り大丈夫なのか

検査するなら、40歳以上の方限定!人間ドックレベルの血液検査が無料というところもあります。

関連記事

スポンサーリンク
【赤ワインがおすすめ】お酒が食後の血糖値を下げるって本当? はコメントを受け付けていません。 アンチエイジング 糖尿病

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文