【白内障】レンズの役目をする水晶体は一生、新陳代謝しないって本当?

レンズの役目をする水晶体は一生、新陳代謝しないって本当?

本当です。

水晶体はクリスタリンというタンパク質でできていますが、この物質は一生入れ替わりません。

白内障は水晶体が白く濁って、視力が低下する病気です。

一度、白く濁ってしまうと、元には戻らないのです。

白内障原因で、最も多いのが加齢によるものです。

加齢によるリスクを下げるためにどうすればいいか考えてみましょう。

スポンサーリンク


水晶体の寿命は80年?

眼イラスト

水晶体は新陳代謝しないと知りました。

水晶体の中身は一生入れ替わらないのなら、寿命と一緒です。

ですので80年どころではありません。人によっては、90年、100年となるでしょう。

そうであるならば、水晶体にトラブルが起きないよう、注意していきましょう。

私たちは目から、約9割の情報を受け取っています。

視力が落ちてしまうと、生活の質が落ちてしまいますし。

いつまでも若々しくあるためには目は本当に大切です。

  白内障の手術をして視力回復すれば、劇的に若返るかも?

スポンサーリンク

目の老化を防ぐルテイン

眼イラスト

白内障予防するにはルテインが役立ちます。

ルテインは、ほうれん草やブロッコリーなどの濃緑色野菜に多く含まれるカロチノイドで、抗酸化作用があります。

体内では、眼や皮膚、子宮頸部などにありますが、加齢とともに減少します。

ルテインは最近、盛んに研究されている抗酸化物質のひとつです。人の中では目の網膜に存在するため、とくに目を保護する作用が期待されています。

(中略)ルテインはレンズの役割を果たす水晶体にも存在し、抗酸化作用に加えて、目に入る紫外線の害を減らすフィルターのような働きをしていると考えられています。そのため、「白内障」に対する予防効果期待されています。(『不老革命』(吉川敏一著・朝日新聞社)

 

アメリカ人男女における白内障研究 ハーバード大学医学部において、シェドン博士が行った研究により、ルテインおよびゼアキサンチン摂取量最も高 い女性は最も低い女性に比べて、白内障による摘出リスク22%減ることがわかりました。また、ルテインおよ びゼアキサンチン摂取が最も高い男性においてはリスク19%軽減しました。(1980年-1990年)

ルテイン

左のグラフのように、水晶体摘出のリスクは、男女ともルテイン摂取量 1日6mgで大幅に下がっています。

 

 

 

 

元製薬会社営業マン

ある薬局さんの女性のスタッフの方で、白内障の方がいらっしゃいました。その方は、ルテインのサプリを1日6mg飲んでおられましたが、飲んでる時と、飲まなかった時の違いが分かると言っておられました。私は飲んでも飲まなくても違いが分からなかったので、そのお話が印象に残っています。

  湧永製薬オンラインショップ

  [海外直送品][2本セットNOW Foods]ルテイン 10mg 120ソフトカプセル

白内障とAGE(最終糖化産物)

老化を早めるAGE(最終糖化産物)について、

で書きました。

目の水晶体についても、AGE大きく関わっているようです。

水晶体はクリスタリンが一生入れ替わらないので、AGEたまる一方です。少しずつ蓄積して、水晶体が濁ってしまうのです。

水晶体AGE化すると、濁ってきます。もっともひどい状態になると水晶体黄色くなる。目玉を見ると黒目が黄色に見える。つまり食べ物の中のタンパク質が糖と一緒に加熱されて茶色くなる「メイラード反応」、褐色反応が、クリスタリンに起こってしまうわけです。これは、きわめて進んだ白内障と考えられ、褐色白内障と呼ばれています。

(中略)ふつうの人は七〇歳くらいから白内障の症状が出てまいりますが、糖尿病の患者さんは五〇歳くらいから症状が出てくる。それは高血糖のため、AGEの反応が進み、クリスラリンAGE化が起こってくるからです。(山岸昌一久留米大学医学部教授)

沢尻博士

AGE(最終糖化産物)というのは、タンパク質加熱されてできた物質のことで、強い毒性を持っており、老化進める原因物質といわれているの。

沢尻博士

メイラード反応というのは、たとえば小麦粉(糖)と卵・牛乳(タンパク質)をミックスしてホットケーキをつくると、表面がこんがりしてキツネ色になるでしょ、これがメイラード反応。味噌、しょうゆ、ビールもそう。さまざまな種類のタンパク質を含む食品を加熱するとメイラード反応が起きるの。メイラード反応が起きると、いい匂いがするけど、これがAGEなんです

関連記事

スポンサーリンク
【白内障】レンズの役目をする水晶体は一生、新陳代謝しないって本当? はコメントを受け付けていません。 アンチエイジング

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文