【絶対やめるべき】食べ過ぎの人がダイエット中にやめるべき3つの生活習慣!

普通、肥満の原因は、「食べ過ぎ」と「運動不足」と考えるでしょう。

痩せたい方は、ダイエットに挑戦します。

でも、うまくいかない。

そして、ダイエットに挑戦して何度も失敗した方は気付きます。

自分は、「痩せたい!」でも「食べたい!」そして「運動したくない!」んだと。

この記事では、ウェーデンのウプサラ大学の研究者が、楽なダイエット(時間はかかると思いますが)の秘策を論文で明らかにしていますので、ご紹介します。

スポンサーリンク


どうして食べ過ぎてしまうのか?

肥満2人

痩せたいと思っているのに、どうして食べ過ぎてしまうのか?

「美味しいから」「意志が弱いから」「食べだしたらどうにも止まらないから」・・・。

どうして食べものに手が伸びてしまうのか、それは、ライフスタイルが関係しているようなんです。

スウェーデンのCDチャップマン博士が、『Lifestyle determinants of the drive to eat: a meta-analysis』という論文で、明らかにされました。

「アルコール」「睡眠」「テレビ」と食事量に関する4759の論文の中から、適切な23の論文を解析して導き出しました。

それは、次のような生活習慣が過食、食べ過ぎに影響するというものです。

  飲酒しながら食事をする

  睡眠不足

  テレビを観ながら食事をする

この3つの中で、食べ過ぎに一番影響するのは、飲酒しながら食事をすることです。

影響力のある順番は、

飲酒  睡眠不足  テレビ

となります。

スポンサーリンク

痩せたい・食べたい・運動したくない人の次の一手!

カクテル

前章に記した食べ過ぎに影響する3つの生活習慣、

  飲酒しながら食事をする

  睡眠不足

  テレビを観ながら食事をする

に共通することは、私たちの脳内報酬系に関わっています。

アルコールは脳内の「ガンマ-アミノ酪酸(GABA)」と「オピオイド(脳内麻薬様物質)神経系に影響します。

ガンマ-アミノ酪酸(GABA)」が変化すると、食欲を刺激します。

オピオイド(脳内麻薬様物質)神経系」は味覚を通して報酬系を調節します。

このような理由により、食前にアルコールを飲んだ場合、空腹感が強くなり、食べ過ぎてしまいます。

アルコールなしで食べるのと、アルコール飲んで食べるのでは、アルコールを飲んだほうが食欲が増すということです。

睡眠不足でも、脳内の被殻、側坐核、視床、前帯状皮質が活性されて、アルコールと同じように、食欲が増します

テレビを観ながらの食事は、より高カロリーな食べものを食べるようになるそうです。

これらのことを考えると、三拍子そろっての食事をしている方は、太るべくして太っていると言えるかもしれません。

逆に1つでも減らせば、特に何もしないで痩せることがでます!多分。

怖いのは、テレビを観ながら、お酒を飲んで食べることを繰り返すと、お酒やテレビが食べる喜びの合図となり、過食がやめられなくなることです。

一ヶ月に5キロ痩せたい、顔を、足を、太ももをスリムにしたいと思う前に、是非、今日からは、お酒を控え、テレビを観る時間を少なくし、睡眠時間を長く取るようにしましょう。

ダイエットをするには、脳内報酬系克服しないと、食欲には負けてしまいますね。

理屈では分かっても、実際は無理と思われる方は、次のような環境に自分を置く、というのがいいかもしれません。

 ★日本最大級!ホットヨガスタジオLAVA★

 24/7ワークアウト
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ

人気ブログランキング

関連記事

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

【絶対やめるべき】食べ過ぎの人がダイエット中にやめるべき3つの生活習慣! はコメントを受け付けていません。 未分類

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文