30歳以上の日本人の約8割が歯周病! 原因菌が歯槽骨を溶かす病気

歯周病というと、「お口の中だけの病気」と考えている人は多いでしょう。

しかし、歯周病が全身の怖い病気の引き金になることが、分かってきました。

興味深いことに、歯科医師内科の医師連携がすすんでいるようです。

スポンサーリンク


歯槽骨が溶けるメカニズム

歯の模型

お口の中にいる細菌の種類は、約400種類

そのうちの数種類歯周病菌によって、歯ぐきが炎症を起こします。

そして、歯を支えている歯槽骨という溶かしてしまう病気歯周病です。

歯周病発症の原因は、歯の磨き残しです

ちゃんと歯磨きをしないと、

 歯と歯の隙間、歯ぐきとの隙間に食べかすが残る

 食べかすの中で歯周病菌が繁殖

 ネバネバした歯垢をつくる

 体が細菌に対抗するため、白血球を送り込む

 血液が歯ぐきに集まる

 歯ぐきの毛細血管が膨らんで赤く腫れる

 歯磨きなど、ちょっとした刺激で出血する

 歯ぐきがやせて縮んでくる

 白血球と細菌の闘いが続く

 毒素として働く化学伝達物質が放出される

 毒素が歯槽骨を徐々に溶かす

 歯垢に唾液中のカルシウムが沈着する

 石灰化し、歯石を作る

 歯石が、歯周病菌の繁殖しやすい環境をつくる

 さらに細菌が増える

 歯石が歯ぐきの中の歯根の表面に広がる

 歯槽骨が溶け、歯が抜け落ちる

というように進行していきます。

歯周病(歯肉炎・歯周炎)
歯ぐきに炎症がある状態を歯肉炎、骨がとけはじめている状態を歯周炎といいます。歯周病は、歯肉炎と歯周炎の総称です。通常、歯肉炎から歯周炎に進行するのは何年もかかりますが、細菌の種類やお口の中の環境によって、急速に進むこともあります。

スポンサーリンク

血流で全身に広がる毒素

脳血管

歯周病菌が繁殖することで作られる毒素は、血流によって全身に運ばれます。

そして、その毒素が、さまざまな病気を発症・悪化させる原因となります。

次のようなことが考えられます。

 血管狭める

 動脈硬化のリスクを高める

 脳梗塞のリスクを高める

 心筋梗塞のリスクを高める

 糖尿病を悪化させる

 誤嚥性肺炎のリスクを高める

 関節炎のリスクを高める

 腎炎のリスクを高める

高齢者に多い誤嚥性肺炎は、歯周病菌が原因になっているといわれています。

医科歯科連携の医療

ドクター3

妊婦さんが歯周病になった場合、歯周病で作られるプロスタグランジンが、胎盤経由で羊水の中に貯まります。

そうなると、早産の危険性が高まり、低出生体重児出産に繋がります。

参考記事

 元気な赤ちゃんを産みたい!妊娠中のNGな食事・生活習慣とは?

 自閉症の原因は分からないの?国立成育医療研究センター研究所の資料より

また、女性で特に気をつけてほしいのは、骨粗鬆症です。

歯周病骨粗鬆症は関連していると考えられており、歯周病が骨粗鬆症を知るサインにもなっています。

このように、歯周病と全身の病気の関連性が分かってきたので、内科医と歯科医師の連携がすすみ、歯科医師が患者を内科医に紹介したり、反対に内科医が歯科医師に紹介するケースも増えてきています。

歯は本当に大切で、歯は臓器であると考えている歯科医師もいます。

歯のかみ合わせが、高血圧認知症脊柱側わん症にも関係していると言われています。

関連記事

スポンサーリンク
30歳以上の日本人の約8割が歯周病! 原因菌が歯槽骨を溶かす病気 はコメントを受け付けていません。

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文