あの頭痛が熱中症の症状?熱中症とは思わないでチューハイ飲んで死にそうになった!

熱中症になった十数人の方の体験談を読んで、驚きました。

「水分はこまめに補給していたんです」

「そんなに暑い日ではなかったんです」

こういう声が多いですね。

だから、「まさか自分が熱中症になるとは思わなかった」と。

スポンサーリンク


熱中症と知らずにチューハイをがぶ飲みしちゃった!

ある女性の体験が、分かりやすいので紹介します。

  チューハイを飲んで死にそうになった体験
その日は、最寄り駅に着いた時に既に調子が悪かったんです。

朝ごはんも食べ逃して、エクレア1個食べて、家を出ました。

食べないといけないと思って、駅でおにぎりとお水を買って食べました。

前日から、少し頭が痛かったんですが、仕事が終わると飲みに行ってしまいました。

後から気づいたんですが、最初、お酒が進みませんでした

でも、「せっかく飲みに来たんだから、飲まないでどうする!」と気合で飲みました。

少し調子が出てきて、チューハイをジョッキで2、3杯飲んだ頃、急に左足の指がつったんです。

「久しぶりにヒール履いて出掛けたから、足が疲れたのかな?」と思っていました。

「前日から少し頭が痛かった」「いつもより、なぜかお酒が進まなかった」「お酒を飲んでいたら、左足の指がつった」

これだけのことで、熱中症を疑うのはなかなかできないですよね。

この女性も、熱中症にかかっていることを知らずに、チューハイをジョッキで何杯も飲み続けていたのです。

次の日は頭痛、肩こり、首こり、嘔吐、過呼吸、動悸・・・

彼女は、翌日、調子が悪いので、最初、二日酔いと思っていたそうです。

ところが、気持ち悪くなって、トイレで吐いてから、急変します。

もたれ掛からないと座れない状態となり、頭痛、酷い肩こり、首こり、嘔吐、過呼吸、リンパ腺の腫れ・・・

大変な状況になり、病院に駆け込みました。

出掛ける前はクーラーの効いた部屋にいてたし、少々暑い日に外出しても、すぐに熱中症にかかるとは思ってもみなかったそうです。

また、これも後から気づかれたそうですが、前日、水分補給をしないまま、ゲルマ温泉入浴をされていたそうです。

睡眠不足、不規則な食生活など、熱中症になる条件は揃っていたのです。

熱中症になっているのに、アルコールをがぶ飲みしてしまい、どんどん脱水が促進してしまったのでしょう。

ご本人は、熱中症……本当に恐ろしいです」とおっしゃっておられました。

ビールを飲むときは、自分の体に聞いてみましょう。

「頭痛くない? 足つってない? 熱中症じゃない?」と。

関連記事

スポンサーリンク
あの頭痛が熱中症の症状?熱中症とは思わないでチューハイ飲んで死にそうになった! はコメントを受け付けていません。 熱中症・脱水症

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文