【屋外だけじゃない】油断大敵 熱中症!65歳以上は室内・夜間が危ない!

2015年6月~9月の4ヶ月間熱中症

搬送された方は、約4万人

年齢別では、65歳以上が最も多く、全体の約5割でした。

高齢者は、

  1. 暑さを感じにくい
  2. 体温調整のための発汗機能が低下している

ことが、熱中症になりやすい理由と考えられています。

スポンサーリンク


「室内」と「夜間」にご用心!

民家

熱中症は、屋外、昼間に発症するイメージがありますが、

国立環境研究所の調査では、約4割の方が屋内熱中症にかかっています。

高齢者の方は、長い時間、部屋の中で過ごすので、注意が必要です。

高齢者は暑さを感じにくいので、よっぽど暑くないと、扇風機やエアコンを使おうとしません。

「もったいない」からと、我慢してしまうことも理由の1つかもしれません。

また、2015年の夏、東京23区内で熱中症により亡くなられた方3割以上が、

夜間に発症していることも分かりました。

予想外の場所や時間帯に発症していますので、油断は大敵です。

スポンサーリンク

熱中症予防の4つのポイント

扇風機

熱中症予防のポイントは大きく分けて、次の4つです。

  1. こまめに水分を補給しましょう(1回でコップ1杯)
  2. 室内は空気が循環するようにしましょう
  3. 我慢しないでエアコンを使いましょう
  4. 急に暑くなった日、湿度が高い日は特に注意する

水分の補給は、1日1.2リットルが目安です。

一気に飲まないで、こまめに水分補給しましょう。

お酒は水分補給にはなりません。

室内の温度は28℃前後、湿度は60%以下になるようエアコンを使用しましょう。

外出する時は、経口補水液を携行しましょう。

経口補水液は自宅でも簡単に作ることができます。

⇒ 我が家の熱中症・脱水症対策!!経口補水液(ORS)の作り方

⇒ 脱水症になりにくいのはどっち?肥満vsキン肉マン?男性vs女性?若者vs高齢者?

⇒ こんなサインがあったら脱水症!!世代別チェックリスト!

⇒ 熱中症対策の経口補水液をただ飲めば予防になるはウソ!正しい飲み方とは?

熱中症予防に役立つ便利グッズもあります。

しゃべる熱中症計1日よけカーテン

⇒ 高齢者の熱中症はこれで安心!熱中症予防に役立つ特選グッズ5選

⇒ あると安心!熱中症対策グッズ【車でお出かけ編】

熱中症の症状 初期・中期・末期

頭痛

熱中症の症状は、3段階に分けられます。

■初期

「めまい」 「立ちくらみ」 「手足のしびれ」

■中期

「頭痛」 「はきけ」 「体に力が入らない」

■末期

「けいれん」 「意識不明」 

初期治療が遅れますと、短時間で重症化する恐れがあります。

高齢者の方で一人暮らしをさ」れている方には、親族の方や周りの方が、

「室内」「夜間」「猛暑日」「急に暑くなった日」は注意するよう、お声がけをしていきましょう。

熱中症の応急処置を確認しておきましょう。

(環境省熱中症環境保険マニュアル 2014年3月改訂版より)

heatstroke_checksheet

関連記事

スポンサーリンク
【屋外だけじゃない】油断大敵 熱中症!65歳以上は室内・夜間が危ない! はコメントを受け付けていません。 熱中症・脱水症

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文