脳卒中リハビリ 最新研究で見えてきた脳の回復メカニズム

 

神経ネットワーク2

神経生理学者 伊佐正教授の研究室「生理学研究所」は、愛知県岡崎市にあります。

伊佐教授は、「リハビリによる回復の過程で脳に何が起きているのか」の解明を

研究テーマにしておられます。

その研究成果をまとめた論文は、科学専門雑誌「Science」されるなど、

伊佐教授の名前は世界中の研究者に知られています。

その研究成果とは、・・・脳梗塞、脳出血のリハビリ中の方にお伝えしたい内容です。

スポンサーリンク


 脳卒中の直後 脳は“若返る”!?

伊佐教授は語ります。

脳卒中の直後、脳は“若返る”』。

それは、もはや、間違いのないことだと言ってよいと思います」

世界中で行われている様々な研究を調べると、それは間違いのないことだそうです。

マカクザルという日本ザルとよく似たサルでの研究があります。

せき髄を損傷して脳卒中と似たような症状を起こしているマカクザルで、

脳の神経細胞にどんな遺伝子が発現しているかを調べたものです。

病気によるダメージを受けた時に、脳の神経細胞がどのような行動をとるのか。

結果は驚くべきものでした。

ダメージを負った脳の神経細胞の中で、ある遺伝子だけが大量に発現していたのです。

その遺伝子の名前は、『GAP43』

『GAP43』とは、Growth Associated Protein の略で、「成長に関連する遺伝子」のことです。

この『GAP43』は、私たちのある時期に、脳に大量に発現することが分かっています。

それは、生まれて間もない「赤ちゃん」の時なのです。

最近の研究では、『GAP43』は脳の神経細胞が新しいネットワークを作る時に欠かせない

シナプスという器官を作るのに大きな役割を持っていることが分かってきました。

赤ちゃんの時代、脳の神経細胞は驚異的なスピードで樹状突起を伸ばし、

シナプスを増やす。

次々とネットワークを作り上げ、その過程で、様々な能力を獲得していきます。

「言葉」「道具の利用」「感情のコントロール」、

「歩行」や「指の動かし方」等々。

ところが、病気や事故により、脳神経が破壊された時、

今まで獲得した能力が消失していった時に、

脳神経は、再び『GAP43』が発現することによって、

急速学習モード」に脳内のシステムが切り替わるのです。

ですので、脳卒中が起きたら、出来るだけ早い時期に、リハビリを開始することが大事です。

そして、一時的に破壊された神経ネットワークをつなぎ合わせていく作業が、

今注目を集めている川平法」リハビリなのです。

スポンサーリンク

担当医 ローゼンワッサーの一言で生まれ変わった 松井秀喜選手

野球場ミニ

 

『脳卒中の直後、脳は“若返る”』ことを知り、大変感動しました。

どんな最悪のことが起こったとしても、私たちの体は、

「生きよう、生きよう」としているのですね。

このことを知り、以前読んだ『信念を貫く』(松井秀喜著)を思い出しました。

ご承知のように、松井選手は、2006年5月11日に左手首を骨折しました。

ヤンキースタジアムでのボストン・レッドソックス戦での出来事です。

外野に飛んできたボールを捕球する際に、芝生にグラブをとられる形になり、

左手首の骨を折ってしまったのです。

病院のベッドに横たわりながら、「また野球ができるのだろうか」と不安な毎日を過ごし、

前向きに考えようと思っても、「あの時、もっとスタートを早くしていれば」とか、

「もっとスライディングキャッチをうまくしていれば」とか、

何度も同じことを考え、後悔していました。

ついつい、下を向いてしまうことが多かったそうです。

ところが、担当医のローゼンワッサー医師の言葉を聞いて、

気分が一新し、前向きに考えるようになれたそうです。

ローゼンワッサー医師は、松井選手にこう言ったのです。

「骨折した箇所は、前より強くなるよ」

松井選手は、一瞬返事ができませんでした。

骨折という大けがをして、左手首は松井選手の弱点になると思っていたからです。

しかし、「君の左手首は、これまで以上の負荷に耐えられるようになるだろう」

と言われたのです。

理由は、手術により、ボルトやプレートで固定されているからという理由でした。

それまで、ケガをマイナス要素でしか捉えていなかったのが、

プラスになることがある、ケガをしたからこそ得られるものがあるはずだ、と

考えるようになられました。

突然の病気やケガでマイナスになることばかりを考えるようになりがちですが、

そうではない、と考えるべきなのでしょう。

スイスの哲学者 ヒルティの箴言にこうあります。

河の氾濫が土を掘って田畑を耕すように、

病気はすべて人の心を掘って耕してくれる。

病気を正しく理解してこれに耐える人は、

より深く、より強く、より大きくなる
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ

人気ブログランキング

関連記事

スポンサーリンク
脳卒中リハビリ 最新研究で見えてきた脳の回復メカニズム はコメントを受け付けていません。 脳梗塞

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文