突然インターネットが繋がらなくなり、『制限あり』となった時の対処法

この半年間、自宅のパソコン、ipadが、何度、インターネットに繋がらなくなったことか。

その度に、無線ルーターなどの機械たち(正確な名前も知りません)の電源を落とし、 10秒待ってから電源を入れたり、リセットしたりして急場をしのいでいました。

何度やってもだめな時もあるし、1回で繋がることもありましたが、殆ど繋がりませんでした。

何度も何度もネットワークのところに『制限あり』の文字。

インターネットに繋がらない時のエラーメッセー「DNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIG」には、ほとほと困りました。

スポンサーリンク


トホホな毎日

ルーター

使用環境は、NTTフレッツ光、プロバイダーヤフーBB、PCはWindows8 、エルコムの無線ルーター、iPhone1台、iPad1台、iPad mini 1台。

無線ルーター以外の機械の名前も知らないのですから、大変でした。

NTTから送られてきた機械が3つ。

ヤフーBBから送られてきたのが1つ。

ヨドバシカメラで購入した無線ルーターが1つ。

この5つのどれが原因なのかも分かりません。

無線ルーターのメーカーのエルコムにも電話をしました。

その時、親切の教えてくださいましたが、無線ルーターは犯人ではありませんでした。

無線ルーターに繋がっているヤフーBBの機械に、PCを有線で繋げてみてもインターネットに繋がらなかったので、無線ルーターの故障、設定の間違いではないことが分かりました。

そのうち、電源を10秒間落としたり、リセットしても繋がらなくなり、とうとう、iPhoneのテザリングでしかインターネットに繋がらなくなりました。

スポンサーリンク

わたしがやってみて、上手くいった方法

仕方なく、分からないながらも、テザリングで繋がった状態でネット検索しました。

たどり着いたのは、この方法です。

わたしの場合と同じ原因で、『制限あり』になったのでしたら、この方法で、繋がるようになるかもしれません。

キーボードのWindowsマークXを同時に押します。

ネットワーク接続を選択します。 表示されたアイコンの中にWIFIがあったら、それをクリックします。

POPUPしてきた「WI-FIの状態」の左下のプロパティをクリックします。

ネットワークの中にある「この接続は次の項目を使用します」の中から、インターネットプロトコル バージョン4を選んで、プロパティをクリックします。

「次のDNSサーバーを使用します」にチェックします。

そして、優先DNSサーバーのところに、8.8.8.8 と入力します。

代替DNSサーバーのところに、8.8.4.4 と入力します。 詳しいことは全く分かりませんが、これで、繋がるようになりました。

プログラム検索のところで、NCPA.CPLで検索して、NCPA.CPLをクリックしても、「ネットワーク接続」が表示されます。

iPhone、ipad も同様に、WI-FI接続のプロパティで、DNSサーバーのところに、8.8.8.8 と入力したら、常時繋がるようになりました。

「制限あり」に悩まされている方は、一度やってみてください。

詳しいことは、Gigazine を読んでみてください。

ASP

ブログをはじめられる方へのおすすめASPは、A8ネットです。

まずは、セルフバックでおこずかいをいただきましょう。

アフィリエイトなら【A8.net】

 

関連記事

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

突然インターネットが繋がらなくなり、『制限あり』となった時の対処法 はコメントを受け付けていません。 未分類

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文