【食中毒対策】焼肉屋での不注意な箸使いがO-157食中毒を招く!?

焼き肉

友人・知人と焼肉屋に行ったときのこと。

友人が「じか箸でいいよね!」と言いながら、既に箸でお肉を挟み、

せっせと、肉を網の上に並べ始めます。こんな焼肉奉行はいりません!

心の中は、「えっ、勘弁してよー」と思いつつも、平然とした表情をしている自分。

こんな悲しい経験をされたこと、ありませんか?

焼肉屋のマナーとしては、菜箸トングを使ってほしいものですね。

スポンサーリンク

焼肉での不注意な箸使いがO-157を広める!

焼肉2

テレビの報道などで、焼肉店でのO-157食中毒のニュースを目にすることがあります。

肉の中というのは、基本的に清潔で、菌に汚染されていることはあまりありません。

ただし、表面はお肉の解体時に飛沫がかかって菌に汚染されていることはあります。

でも、肉の表面をしっかり焼けば問題はありません。

お肉の表面75℃以上で1分以上加熱すれば、中身がレアーであっても大丈夫です。

お肉の中でも、ロースやカルビ以外のホルモンについては、

O-157が付着しているリスクは大きいですが、しっかり焼くことによってリスクは無くせます。

問題なのは、焼肉の食べ方です。

記事の冒頭に私の悲しい経験をご紹介したように、箸使いが問題なのです。

もし、お肉の表面にO-157が付着していたとします。

お皿に乗っているお肉を箸で挟んで、網の上に運びます。

菌に汚染されているお肉を挟んだので、箸にO-157が付着します。

お肉は、表面をしっかり焼けば、殺菌されます。

箸は、焼くことはありませんので、O-157が付着したままです。

お肉が焼けたのを見て、汚染された箸で焼肉を挟み、箸とお肉を口の中に入れます。

胃酸の殺菌がうまくできなければ、これで、O-157が体の中に入っていきます。

O-157は熱には弱く、75℃の1分間の加熱で死んでしまいますが、感染力は強く、

O-157がそれほど多くなくても、100個程度でも感染します。

通常の細菌性食中毒は100万個単位で感染します)

特に小さいお子さんには、自分の箸で生肉を触らないように注意してください。

参考 ⇒ O157感染症 – 医療と健康[日本医師会ホームページ](PDF)

もう一度、整理して箸やトングの使い方を説明します。

生の肉を挟んで網の上に運ぶための、菜箸、トングを用意する。

そして、別に、

網の上の焼けたお肉を挟んで、食べる人のお皿に運ぶための

菜箸、トングを用意する。

これらの2種類の菜箸、トングが混ざらないようにする。

混ざって分からなくなったら、元の木阿弥になります。

面倒くさいかどうか、出来るか出来ないかは分かりませんが、

私としては、他人が口に入れた箸でお肉を挟まれるより100倍、

こちらのほうがいいです。

焼肉店に行かれたら、是非一度、やってみてください。

お肉はすべてO-157がついているかもしれない」肉を扱うとき、こうした前提での扱いがリスクを回避する最大の防御策です。

ちょっと、考え過ぎでしょうか?

スポンサーリンク

腸管出血性大腸菌O-157の犯行手口

指名手配

犯行手口

O-157の感染事例の原因食品等と特定あるいは推定されたものは、国内では井戸水、牛肉、牛レバ刺し、ハンバーグ、牛角切りステーキ、牛タタキ、ローストビーフ、サラダ、カイワレ大根、シーフードソース、シカ肉、白菜漬け、日本そば、メロンなどです。

O-157は様々な食品や食材から見つかっていますので、食品の洗浄や加熱など衛生的な取り扱いが大切です。犯行手口は最も凶悪で、通常の食中毒症状から内蔵を溶かしてしまう感染したら死に至らしめることもある凶悪犯です。

O-157に感染すると、感染後4~9日たってから発症します。

重症の場合はベロ毒素により水様性下痢、腹痛などの症状が現れ、血性下痢、

出血性大腸炎を起こします。

特徴

感染型と毒素型の両方の性質をもつ中間型で、しかも少量で発症します。毒素(ベロ毒素)は強く、出血性大腸炎溶血性尿毒症症候群(HUS)を引き起こし、重篤な症状になります。特に、挽肉で事故を起こすケースが多く見られます。

予防法

加熱による殺菌を徹底し、挽肉などは中心部が75℃で1分以上加熱するようにしてください。また、調理台や調理器具の洗浄殺菌を徹底し、使い分けをしっかり行うことも大切です。ステンレスに付着した菌が40日も生存していたケースもあります。家族が羅患した場合、洗濯物は別にし、お風呂も最後にすることが求められます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ

人気ブログランキング

関連記事

スポンサーリンク

当サイトのイチオシ記事

脳血管のトラブル

お悩み解決

こんな記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文