【食中毒対策】食中毒事故の多くは冷凍工程の失敗にあり!冷蔵庫保存の知恵!

ホテルや仕出し弁当店で起こす食中毒の原因の多くは、 料理を冷却する工程での失敗にあるのだそうです。

ホテルの大宴会での料理は、もちろん、その日だけで作られているのではありません。

仕込みのスタートの日を考えると、1週間も前から1品1品作られていて、 料理によって冷凍や冷蔵保存をされて、当日再加熱され提供されるわけです。

冷却保存の時の、そのちょっとした失敗が食中毒事故を起こす原因のようです。

スポンサーリンク

冷却は早いが勝ち!

冷蔵庫

お料理は、出来たてよりも一度冷ましてから食べたほうが美味しい料理もあります。

加熱して味を整えた後に冷やします。

なぜ冷やすかというと、それは味を馴染ませるためで、煮上がった直後よりも 味がマイルドになり、美味しくいただけます。

味を染み込ませるには、時間をかけて冷やすのがいいのですが、 料理を冷蔵保存するためでしたら、急冷したほうが良さそうです。

なぜなら、冷蔵庫に入れる前に、冷めるまで常温で放置していると、 菌が最も繁殖しやすい温度帯が長くなるからです。

出来るだけ早く、この温度帯を通過させ、菌が繁殖しないようにしましょう。

神経筆に考える必要はないと思いますが、テイクアウトのスイーツなどに付いていた 保冷剤を再利用するだけで、急冷できるのですから、使わない手はないです。

タッパーに小分けしてから保冷剤で包むようにして、手間をかけずに実行しましょう。

カレーライスは、鍋に残ったカレーは、小分けにしてタッパーに入れてから保冷剤で冷やし、 冷蔵庫に入れて保存しましょう。

コンロの上に鍋ごと置いておくと、 ウェルシュ菌の巣窟となってしまいます。

参考⇒【食中毒対策】余ったカレーは超危険!鍋底にはウェルシュ菌がうじゃうじゃ!

スポンサーリンク

保冷剤は調理の途中でも使うと便利!

保冷剤

ハンバーグを作る時、ひき肉と炒めた玉ねぎを混ぜるには、 一度玉ねぎを冷やしてから混ぜると、お肉が傷まないですみます。

「急冷」させたい時は、お皿かバットに入れてから、ラップをかけ、 その上に保冷剤を置きます。

急冷させようとして、そのまま冷蔵庫に入れてしまうと、庫内の温度が上がり、 他の食材が傷んでしまいます。

保冷剤の急冷効果は意外とあります。

一度使ってみてください。

冷やしたい食材 + ラップ + 保冷剤

※テイクアウトのスイーツに無料で保冷剤をいただけるお店では、 帰宅までの所要時間を多めに申告して、いただいてきちゃいます。

キッチン周りの知恵

大ふきんの落とし穴

台ふきん 使用した台ふきんは、どうされていますか?

キレイに水洗いをして、折りたたんでキッチン周りに置いていませんか?

湿ったまま畳んで置いていると、雑菌がいっぱいになってしまいます。

【食中毒対策】台所用スポンジに72億個のバイ菌!これで洗えますか?にも書きましたが、 使用した台ふきんを水洗いした後にキッチン周りに半干しすると、 12時間後に、なんと雑菌は増え続けて、元々あった雑菌の数の700倍になるそうです。

半干しもしないで、折り畳んだままだと、倍率はそれ以上になるのでしょう。

使用した台ふきんは、よく水洗いした後、塩素系漂白剤の殺菌に加え、熱湯をかけたり、 電子レンジで約2分加熱をすると殺菌効果は高くなります。

その後に吊るして乾かしましょう。

食器用スポンジのお手入れ

076081

台所スポンジについても、どれだけ雑菌がついているか、調べた人がいまして、 台所用スポンジの中に、72億個の雑菌が住みついているのだそうです。

すみません。

知らなかったら、今まで通りでよかったのかもしれませんが、 事実を知った以上は、台所用スポンジをキレイにしましょうね。(ゴメンナサイ)

食器洗い用スポンジに、洗剤の泡をつけっぱなしにするのはやめましょう。食器の汚れ、洗剤、水分という雑菌の好物が揃い、大増殖する原因に。使い終わったら、洗剤をよく落とし、水気をよく絞り、乾かすことが大切です。スポンジホルダーに立てて置いたほうが、水切りがよくなります。

食中毒を防ぐには、まな板の除菌が肝心!

まな板 まな板には、食材を直接乗せますので、まな板に雑菌がいたら、食材についてしまいます。

気をつけないといけないのは、使い続けたまな板には必ず傷がついています。

その傷は菌にとっては深くて、キズの深さは菌を人間の大きさに例えると、 超高層ビルの高さに匹敵するのだそうです。

まな板のその深い深い傷の底にある雑菌を洗い流すためには、 熱湯をかけるだけでは、取り除くことはできません。

近い終わったまな板は、洗剤でよく洗って汚れをしっかり落とすのが基本。そして、1日の終わりには台所用漂白剤(スプレー式が便利)で除菌し、十分に乾燥させることが大切です。とくに生肉には、細菌などが多く付着しているので、使用後はすぐ洗剤で洗うように心がけましょう。

松の洗剤【台所用液体せっけん】(ワンタッチキャップ 300ml)などの洗剤を使うといいでしょう。

関連記事

スポンサーリンク

当サイトのイチオシ記事

脳血管のトラブル

お悩み解決

こんな記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文