脱水症になりにくいのはどっち?肥満vsキン肉マン?男性vs女性?若者vs高齢者?

脱水症筋肉肥満 私たちの体重の約6割は体液です。

その大切な体液が失われてしまうと、脱水症になります。

脱水症は、単に水分が失われた状態ではなく、 水分と(塩分)電解質が失われた状態のことです。

体重50キログラムの人なら、体液は約30リットルです!ペットボトル2リットル☓15本!

そんな体重の約6割を占める大量の体液が、どこにあるかを考えると・・・・・・ 脱水症になりにくい人が分かります。

スポンサーリンク


水分(体液)は筋肉の中にあるの?

筋肉マン 体液の内訳は、体重に占める割合としては、 細胞内液 40% 細胞外液 20%(間質液 15%、血漿 4%、リンパ液他 1%) となります。

因みに、血液は体重の約8%です(赤血球などの細胞成分を含む)。

体重の約6割の大量の体液がどこに多いのかというと、 それは筋肉です。

そして、水と油は混ざらないので、脂肪(油)の中にはありません。

筋肉の多い人は、体の中に体液が多いですし、 脂肪の多い人は、体の中に体液は少ない、といえます。

イラストの筋肉マンと肥満ぎみの人では、 体液の多いのは、筋肉ムキムキマンです。

スポンサーリンク

脱水症になりにくい人はどっち?

男女 次のうち、体重あたりの水分が多いのはどっちでしょう?

1、肥満正常(体重) 2、高齢者若い人 3、スポーツマン一般の人 4、男性女性

1は、正常体重の人です。脂肪の中には水分がないからです。

2は、若い人です。加齢とともに体液は減少します。

3は、スポーツマンです。

筋肉が多くあるからです。

4は、男性です。

どちらかといえば、女性より筋肉が多いので。

体液の量は、筋肉の量に比例しますので、 体液の多い正常体重の人若い人スポーツマン男性のほうが脱水症になりにくいのです。

ただし、比べるとなりにくいのであって、脱水症にならないということではありません。

マラソンや新春に行われる箱根駅伝などで、選手が脱水症になって倒れる姿 を見たことがあると思います。

筋肉が多くても、一気に発汗などで体液が失われると、脱水症になります。

加齢によって体液は減少するの?

体液割合 体液は年代別にこのようになっています。

体液の量は体重の ●小児 70% ●成人 60% ●高齢者(65歳以上が目安)50% 50キログラムの成人で50☓60%=30リットル 2リットルのペットボトル 15本分! 体重に占める体液の割合は、高齢になるほど、体液は減少します

体液の量が多い人は脱水症になりにくい、と考えると、 小児はなりにくいと思ってしまいますが、そうではありません。

小児は脱水症になりやすいのです。

1、(成長期のため)水分の出入りが激しい 2、俯瞰蒸発が多い(肌から水分が奪われる) 3、汗腺が未発達(汗が出すぎたり、出なかったり) 4、のどの渇きに気づかない(遊びに夢中) 5、水分摂取のペースは大人に左右される(自分で調節できない) 6、脱水症とわかりにくい(自分から訴えられない) 7、ちょっとの発熱ですぐに脱水症

小児だけではなく、体液の少ない高齢者も脱水症になりやすいので注意しましょう。

脱水症かどうか判断に迷う時は、経口補水液を一口飲んでもらいましょう。

脱水症でなかったら、「塩辛い」、「不味い」、「飲みたくない」となります。

脱水症だったら、「甘い」、「美味しい」、「もっと飲みたい」となります。 これが、脱水症発見の裏ワザです。

ただし、絶対ではありませんのでご注意を。

外出される時は、経口補水液を持ち歩きましょう。

関連記事

スポンサーリンク
脱水症になりにくいのはどっち?肥満vsキン肉マン?男性vs女性?若者vs高齢者? はコメントを受け付けていません。 熱中症・脱水症

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文