【食の安全】本当は怖い天然着色料!昆虫由来のコチニール色素

着色料のコチニール色素は、加工食品のハム、かまぼこ等によく含まれています。

原料名表示で、コチニール色素は、赤の着色料として比較的よく見かける食品添加物です。

今まで気にも止めていなかったのですが、この昆虫由来の天然色素について、消費者庁が平成24年に注意喚起の通達を出していたことを知り、大変驚きました。

スポンサーリンク


消費者庁からのニュースレター(2012年5月)

2012年5月11日、消費者庁から、コチニール色素に関するニュースレター(注意喚起)が出されています。

急性アレルギー症状(アナフィラキシー)を引き起こす場合があり、呼吸困難などの重篤な症状となる可能性もあるとのことです。

当時は新聞やテレビでも報道されていたと思いますが、時間の経過とともに忘れ去られているのかもしれません。

注意喚起にはなっていないですね。

コチニール色素は赤色の着色料として、食品に限らず、医薬品、化粧品などにも広く使用されています。

食べ物としては、ハムかまぼこジャムゼリー清涼飲料水などに使用されています。

2012年5月の消費者庁からのニュースレターは次のようなものです。

今般、コチニール色素を含む飲料と急性アレルギー反応(アナフィラキシー) に関する国内の研究情報が消費者庁に提供されました。 これまで、独立行政法人国民生活センターや地方自治体の消費生活センター 等には、コチニール色素を原因とするアレルギー症状の事例は寄せられていま せん。一方、コチニール色素を含む化粧品の使用や食品の摂取により、アナフ ィラキシーを引き起こしたと推定される事例が、1960 年代から数にして 20 ほど の論文等で報告されています。 急性のアレルギーを発症した場合、呼吸困難などの重篤な症状となる可能性も あるため、消費者庁として注意喚起を行います。 万が一、コチニール色素を含む化粧品の使用や食品の摂取により、かゆみな どの体調の変化を感じた場合は、すみやかに皮膚科やアレルギー科の専門医を 受診してください。

アナフィラシーショックというのは、時々新聞やテレビのニュースに出てきます。

そばなどの特定起因物質によって生じる全身のアレルギー反応で、重症になると、血圧低下を伴う危険な状態になり、死に至ることもあります。

また、この文言の後に、3点に渡って解説されています。

コチニール色素とは エンジムシ(中南米原産の昆虫)から得られた、カルミン酸を主成分とする 赤色の着色料です。食品(清涼飲料水、菓子類、ハム、かまぼこなど)や医 薬品、医薬部外品、化粧品(口紅、アイシャドーなど)で使用されているも のがあります。 また、医薬品などではコチニール色素のほか、カルミン(コチニール色素の 化合物)などが使用されているものもあります。

カイガラムシ2 エンジムシ(中南米原産の昆虫)というのは、サボテンに寄生するカイガラムシです。エンジムシは雌しか色素として使えなくて、雄は製造工程で取り除かれます。1kgのコチニール色素を作るのに、エンジムシは約14万匹必要だそうです。 コチニール色素は元々、衣料の染料として使われていましたが、いつしか食品にも使われるようになりました。

2 現在までに論文などで報告されている発症事例 コチニール色素を含む化粧品の使用や食品の摂取により、かゆみ、じんま しん、発疹、呼吸困難などのアレルギー症状を示した事例報告があります。 また、赤色の色素を含む化粧品の使用により、かゆみを覚えていた女性が、 コチニール色素を含む食品を摂取したところ、呼吸困難を伴う重篤なアレル ギー反応を示した事例報告もあります。

アレルギーの報告で一番多かったのは、このニコチール色素で真っ赤に染めた「イチゴ牛乳」だったそうです。

このような報告事例は、重篤な症状が出ない限り、診察を受けることも少ないでしょうし、消費者からすれば、原因を特定することも困難です。

消費者庁に届いた報告は氷山の一角だったのだと思います。

私たちは、安全性が一応確認されている食品添加物を1日当たり、塩分と同じ位の量を摂っています。

約10グラムほどでしょうか。

1年間に約4キログラム弱の多くの食品添加物を摂っていて、「このかゆみは、ニコチール色素によるものだ」とは分かるはずがありません。

3 消費者への注意喚起 コチニール色素を含む化粧品の使用や食品の摂取により、かゆみなどの体調 の変化を感じた場合は、すみやかに皮膚科やアレルギー科の専門医を受診して ください。そして、コチニール色素が原因と疑われる場合には、以下を参考に、 コチニール色素を含む製品の使用や摂取を避けるようにしてください。 <製品の表示におけるコチニール色素の記載箇所と表示名> ○医薬品:添付文書や外箱などの「添加物」の項目 医薬部外品、化粧品:容器や外箱などの「成分」の項目 「コチニール」、「カルミン」、「カルミン・コンジョウ被覆雲母チタン」、 「カルミン被覆雲母チタン」 ○食品:原材料名の欄 「コチニール色素」、「カルミン酸色素」、「着色料(コチニール)」、「着 色料(カルミン酸)」 問合せ先 本件につきましてご不明な点がありましたら、以下問合せ先までご連絡を お願いします。 【消費者庁消費者安全課】 担当:金田、小林、安藤 TEL:03(3507)9261(直通) HP :http://www.caa.go.jp/

このように、食品添加物として認可されていたものでも、ある日突然、注意喚起のニュースレターが出されたり、使用禁止になったりもします。

これまでにも天然着色料として使用されていたアカネ色素もそうです。

アカネ色素は、ハム、かまぼこ、清涼飲料水、めん類、ジャムなどに使用されていました。

原料は、アカネ科の植物「セイヨウアカネ」です。

2004年6月に、厚生省は突然、非常に高い発がん性があると発表し、使用禁止になりました。

ですので、大事なことは、「安全性が確認されているから大丈夫」と考えるのではなく、 不自然な色、味、香りをできるだけ避ける、気になったことは調べることだと思います。

安いからというだけで食べるものを選ばない等、考え方を変えていくことではないでしょうか。

スポンサーリンク

なぜ昆虫から色素を作るのか

コチニール色素が、昆虫からできていることを知って、思いました。

そこまでして、色にはこだわりたくない、と。

カイガラムシは気持ち悪いんです。

白っぽいハムで充分、白いかまぼこでいいです。

イチゴ牛乳が赤くなくても結構です。

利便性と引き換えに、こういった食品添加物を摂取しないといけないのでしょうが、より安全な物を使用してほしいですね。

厚生労働省や消費者庁から注意喚起や使用中止の通達が出される前に、メーカーがユーザーからの声を聞いて、独自判断でより安全なものに切替えてほしいです。

危険かもしれないと思ってもコチニール色素が使われる理由

子牛 紅花とか紅麹とか、他の天然着色料にもそれぞれ一長一短があるので、消費者庁から注意喚起の通達があっても、使い続けられるのでしょう。

他のメーカーでも使用しているから、今までも使ってきているからとか、重篤なアレルギーも起こっていないから、と考えているのではないかと推察しています。

最後に、サム・ウォルター・フォスの詩『子牛の通った小道』とロボット博士 森政弘氏の一文を紹介して、この記事を終えたいと思います。

野原があった。そこへ子牛がやってきた。子牛は気まぐれに、くねくね曲がりながらその野原を通っていった。 その翌日、狩人に追われた鹿がやってきた。鹿は子牛の通った、草がねているあとを逃げていった。-緊急の時は、創造しているひまはない。ひとの通ったあとを通るものだ。-狩人もそこを通って追っていった。草はますますふみつけられ、はっきりと曲がった道ができた。 その次の日は羊が来た。羊は、その曲がりくねった小道を、曲がりくねっていると不平を言いながら通っていった。 しばらくたって、こんどは旅人が来た。旅人もその曲がった道を通っていった。しばらくして、草はとれ、土面が顔を出し、曲がりくねった小道ができ上がった。こうなると、村人も、旅人も、馬車も、犬も、そこを通る。 月日は矢のように過ぎ、その曲がりくねった小道は大通りになった。村の家々は、その大通りにそって曲がりくねって建てられていった。またたくうちに、そこは大都会の中心街となった。 鉄道が敷かれたが、その線路も道に沿って曲がっていった。 何十万人もの人々が、今もなお、三百年も昔に通った、あの子牛に導かれて、くねくね曲がりながら通っていく。 確固たる前例なるものは、こんなにまでも尊ばれるのだ。   つまり何百年もの間大勢の人間が、まっすぐ行けばいいものを、もともとここは曲がっているなどということで曲がった道を通ってきた。どうして曲がったのかと思ってよくよく昔をたずねたら、一匹の子牛がヒョコヒョコいいかげんに歩いたにすぎなかったと、そういう話である。

経皮毒

色素で気をつけないといけないのは、食品だけではありません。

皮膚の毛穴から入るタール色素です。

身体が温まり、毛穴から入る恐れがあるので、本来なら入浴剤に入れるべきではありません。

市販の入浴剤があったら見てみてください、赤2号とか青2号とか書いてありませんか。

茶の間でおなじみの市販の入浴剤ですが、名称が「薬用入浴剤」となっていますが、皮膚に毒性のあるタール色素が配合されています。 タール色素は、人間の遺伝子に作用しやすく遺伝子を突然変異させて、がんや先天性障害を起こす可能性がある化学物質です。 アトピーの方は、肌荒れが悪化しますし、一般の方でもアレルギー性の皮膚炎を起こす可能性があります。(オーガニックたまや)  

 

関連記事

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

【食の安全】本当は怖い天然着色料!昆虫由来のコチニール色素 はコメントを受け付けていません。 未分類

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文