脳梗塞はなぜ起こる?どんな病気?血液ドロドロが原因か

ドミノ

脳血管が切れたり、詰まったりして起こる発作を脳卒中といいます。

脳の血管が詰まる脳梗塞、血管が破れて出血する脳出血と大きく分けられます。

日本人は脳出血が多かったのですが、最近では脳梗塞が増え、

日本人の脳卒中全体の約6割を占めるようになりました。

スポンサーリンク


脳梗塞はどんな病気なのか

3dd

脳梗塞は、脳に血液を送る血管が詰まって、その先の脳細胞に酸素や栄養が

送られなくなって起こる病気です。栄養と酸素が途絶えれば、わずか数分で

脳細胞が壊死してしまいます。

脳梗塞の症状には、さまざまなものがあり、脳の障害を受けた場所によって

異なります。

大脳に障害を受けると、身体の半身の麻痺、ろれつが回らない、言葉が出ない、

などの症状が出てきます。

小脳や脳幹に障害を受けると、めまいやふらつきなどが現れ、

バランスがとれなくなります。

脳梗塞は、脳の血管が詰まることによって起こりますが、

その原因によって、「脳血栓」と「脳塞栓」とに分けられます。

脳卒中4

スポンサーリンク

脳血栓(ラクナ梗塞・アテローム血栓性l梗塞)

脳梗塞図

脳血栓は、動脈硬化のため脳の血管が狭くなり、詰まってしまうため血流が止まるものです。

脳血栓は、「ラクナ梗塞」と「アテローム血栓性梗塞」の二つに分けられます。

ラクナ梗塞」は、脳の深い部分の細い血管が詰まることで起こります。

原因は、高血圧による動脈硬化です。小さい梗塞で症状は気づかないことも多いですが、

多発したり、再発したりするので、注意が必要です。

気づかないうちに進行し、脳血管性痴呆などを起こす場合もあります。

アテローム血栓性梗塞」は比較的太い脳動脈の動脈硬化が原因で起こります。

梗塞巣を起こす範囲が大きくなりやすく、1回の発作ではっきりした症状が現れ、

大きな後遺症を残すこともあります。

脳塞栓(心原性脳塞栓)

脳梗塞図2

脳塞栓の主な原因は、心房細動です。心房細動とは不整脈の一種で、

心臓の拍動のリズムが不安定になり、心臓の中で血液が淀み、血栓を作ってしまう

トラブルのことです。心臓でできた血栓がはがれて、脳の血管に流れていき、

血管を詰まらせます。

脳血栓は、比較的ゆるやかに症状が現れる脳血栓とは違い、血栓が突然脳に流れて

発症するため、前ぶれもなく、発作が突然起こります。しかも梗塞巣も大きく、

重症になることが多いです。

脳梗塞の前ぶれに注意

しびれ

脳梗塞の発作は突然起こりますが、発作の前に、前ぶれ症状が現れることが

あります。これを「一過性脳虚血発作」といいます。

その症状は、半身の手足のまひ、しびれ、ろれつがまわらなくなる、など様々です。

しかし、その発作の継続時間は、短くて数秒、数分、長くても24時間以内に消失します。

一過性脳虚血発作による後遺症はありませんが、放置して発作を繰り返せば、

高い確率で脳梗塞へと進行します。

こんな症状に注意!

  • 食事中に箸を落とす
  • 片側の手足がしびれる
  • 言葉がでない
  • ろれつが回らない
  • 片側の目が見えなくなる

どんな人がなりやすいか

四重奏

脳梗塞は、様々な危険因子が重なることで起こります。

危険因子としては、まず高血圧、そのほかに糖尿病、脂質異常症、肥満などがあります。

これら4つは、死の四重奏とも呼ばれ、互いに絡み合って動脈硬化を進行させます。

特に高血圧は、脳卒中最大の危険因子といわれています。

動脈硬化を進行させるだけではなく、高い圧力で脳血管を破れやすくするので、

脳出血の原因にもなります。その他、喫煙、大量の飲酒、ストレスなどによっても

脳梗塞は起きやすくなります。また、男女差を見ると、脳梗塞の発生率は、

男性の方が高くなっています。

あなたの血管はつまっていませんか? 10以下の項目に印を付けてください

  ドロドロ血チェック!(発掘! あるある大事典 あるあるチェック)
ラーメンなどの汁は全部飲む
肉類は大好物だ肉類は大好物だ
お酒は毎日飲む
家族の残したおかずは全部食べる
食べ物の好き嫌いが激しい
食べる速度は速い
朝ご飯は食べない
電車が間に合ってもタクシーに乗る
歩くのが人より遅い方だと思う
体は疲れていても気力で頑張る
常に寝不足である
外食が多い
お風呂は熱い方が好きだ
タバコを吸う

 YESが10以上は赤信号!

アテロームに関する うんちく

動脈硬化

脳梗塞の主な原因は、高血圧による動脈硬化であると、前章で述べました。

また、どんな人が脳梗塞になりやすいか、というところで、死の四重奏についても

ふれました。

ここで、死の四重奏とも関連するアテローム性動脈硬化について、

「新・医学ユーモア辞典」をもとに、解説致します。

アテローム(Atherom)という名前は、ドイツ語のアテロームの発音をそのまま借用した

名前です。ギリシャ語のアテールather(もみ殻)に由来します。

アテロームは、粥腫(じゅくしゅ)ともいわれますが、「おかゆ」のように見えるから、

この名前がついたと思われます。

そのアテロームとは、ぎちゃまぜのお粥のような、

コレステロール、脂肪を取り込んだ細胞、血管平滑筋細胞が混ざり合い腫れあがって、

血管の内壁にせり出したものです。アテロームが成長すると、血管内腔が狭くなり、

血流が悪くなっていきます。血管は50%詰まっても日常生活に差支えないと言われますが、

血圧が高くなり、血管がもろくなって破れやすくなるリスクは時間と共に高まります。

アテロームが生成する出発点は、血管内皮細胞の“ほころび”らしい。内皮細胞が傷つけられ、すき間ができるとマクロファージなどが入りやすくなる。正常時なら問題ないが、コレステロールの多すぎる人では、マクロファージなどの白血球により集められたコレステロールが内皮細胞のすき間に棄てられることがある。これが引き金となって、脂肪細胞や平滑筋細胞まで入り込み、アテロームができる。

では、内皮細胞の傷はどうして起こるか。それは血圧の急上昇などで血管内皮細胞に

機械的、化学的に刺激をするからです。

血圧上昇は精神興奮時に強く起こるから、一日中カリカリしている人はアテロームが生成されしやすく、脳卒中か心筋梗塞だどでバッタリ・・・・・・ということになりやすい。「笑う門には福来る」というが、「怒る人には死神がくる」のだ。

脳梗塞は夏に多い病気です。1日の中では午前中、朝9時がピークです。

夏の午前中だけでも、カリカリするのはやめておきましょう。

予防、リハビリ等については、関連記事をご覧ください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ

人気ブログランキング

 関連記事

スポンサーリンク
脳梗塞はなぜ起こる?どんな病気?血液ドロドロが原因か はコメントを受け付けていません。 脳梗塞

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文