意外と知らない沈黙の臓器!人間の臓器のすごい働きと臓器の位置

トリセツ

海堂尊(かいどうわたる)さんの『トリセツ・カラダ』(宝島社刊)。

こんな本も書いているんですね。

医学博士でありながら、「チーム・バチスタの栄光」「ジェネラル・ルージュの凱旋」など、

映画にもなったベストセラー作品を生み出した海堂尊さんの本です。

トリセツ・カラダ』などを参考にした、主な臓器のはたらきの忘備録です。

心臓の位置は、左胸と思っていましたが、心臓の位置は胸のほぼ中央にあるのですね。

スポンサードリンク

 主な臓器とはたらき

人間の臓器

頭部 大脳 小脳 脳幹など

頭部の上半分が脳

脳は、終脳、間脳、中脳、橋(きょう)、延髄に分かれている

人間では終脳が特に大きい

大脳と言っているのが終脳のこと

左右の大脳半球からなっている

間脳、中脳、橋、延髄を含めて一般的に脳幹と呼ぶ

脳にある神経細胞の数は、約140億個

1日に10万個ずつ壊れている

◆大脳 重さ1,200グラム

働き 例えて言うと、情報解析センター、指令発信センター

1、知覚に関すること 外部の情報を解釈する(高度な働きは思考と呼ばれる)

2、体を動かす司令塔

大脳表面には脳溝と呼ばれるシワがある

シワを広げると、約2,000平方センチ

新聞紙1枚の大きさ

大脳は左右の大脳半球に分かれる 右大脳半球、左大脳半球

さらに4つの部分に分かれている

前頭葉 物を考えるところ

側頭葉 音を聞く、記憶に関係するところ

頭頂葉 知覚と運動、触覚と空間認知をするところ

後頭葉 物を見るところ

大脳の右半球は左半身を支配

大脳の左半身は右半身を支配

血流の20%を独占する贅沢な器官

毎分1リットルが脳に流れる

低血糖になると意識を消失する

◆小脳 重さ100グラム

脊髄の上に延髄が、更にその上に橋(きょう)がある

橋の背方にあるのが小脳

細密な運動を司る情報センター 平衡感覚のコントロールセンター

無意識で動く筋肉の動きを微調整する

例えば自転車に乗るには100種類の筋肉が動き、その微調整を小脳が行っている

脳幹

生命維持に重要な機能を果たす

大脳の中心部にある

脳幹が壊れると即死する人も多い

脳幹は

1、間脳(視床、視床下部、下垂体)

2、中脳

3、橋(きょう)

4、延髄

からなる

◆脊髄

脊髄は、脳から繋がっている中枢神経で、脊椎骨の中にあります

大脳とカラダをつなぐ信号通路(知覚神経、運動神経)の役割

◆大脳を包む膜

大脳は、外側から

軟膜、クモ膜、硬膜の順番で包まれている

三重包装パック

循環器 呼吸器など

◆心臓 重さ300グラム

心臓の位置は胸のほぼ中央にある

血液を全身に送る2種類の筋肉ポンプ

右ポンプ 肺に血液を送る小ポンプ(1周 約5秒)

左ポンプ 全身に血液を送る大ポンプ(1週 約20秒)

生まれてから死ぬまで30億回以上拍動する

1分間に5リットルの血液を体全体に送り出し続ける

心臓は左側が少し大きい

◆血管 長さ6,000キロ

動脈、静脈、毛細血管に分かれる

血管の構造は、外から外膜、中膜、内膜、内皮細胞の構造

血液の通り道

全身に酸素と栄養を運ぶ

老廃物と二酸化炭素を片づける

◆肺 重さ500グラム(片方)

酸素を補給し、二酸化炭素を排出する臓器

酸素交換のための空気袋

肺は左右に分かれるが右側が少し大きい

右側は上葉、中葉、下葉の三つに分かれる

左側は上葉と下葉の二つに分かれる

心臓は左側が大きく、肺は左側が小さい

二つの臓器は、キッチリはめ込まれている

肺の表面積は50平方メートルくらい

肺は肺自身で空気の出し入れは行わない、肺に筋肉はない

横隔膜で腹式呼吸をしている

肋骨筋で胸式呼吸をしている

消化 小腸 大腸など

◆胃 長さ20センチ

食物が最初に集う大ホール

胃の形は、顔と同じくらい形が違うらしい

食物は約2時間胃の中で過ごす

胃の容量は約1リットル

胃酸とペプシンでタンパク質を消化する

◆十二指腸 長さ30センチ

胃と小腸をつなぐ消化管、小腸の始まりの部分

膵臓から膵液が、胆嚢から胆汁が流れ込んでいる

すべての栄養素(脂肪、タンパク質、炭水化物)が分解される

消化液が何でも揃っている

◆小腸 長さ3メートル

小腸のはたらきは、栄養素の吸収と運搬

小腸には腸内細菌は存在しない

小腸の粘膜は毎日はがれて、毎日すべて張り替えられる

はがれた細胞は大便として捨てられる

小腸粘膜は2,000億の細胞でできている

小腸の前半を空腸、後半を回腸という

空腸は食物が通過するスピードが速かったため解剖すると中身は空っぽだった

◆大腸 長さ1.5メートル

主な仕事は、水分の吸収

大腸は腹部臓器をぐるりと取り囲む太い管

盲腸-上行結腸-横行結腸-下行結腸-S状結腸-直腸

大腸には腸内細菌がいて消化を助けてくれている

膵臓と肝腎要の肝臓 腎臓

◆肝臓 重さ1,200グラム

巨大化学工場 胆汁生産工場

沈黙の臓器 肝障害が80%程度になったら機能不全となる

よっぽど悪くならない限り、症状はあらわれません。

再生能力が高く7割近くを切り取ることができる

主なはたらきは、

1、胆汁の生成

2、栄養素の貯蔵と加工

3、解毒作用

4、生体防御作用

5、血液凝固作用物質の産生

6、造血・血液量の調節

肝臓の働きは複雑で幅広く、肝臓を人工的に作ることはきわめて難しい

◆膵臓 重さ100グラム

胃の裏側、腹壁の後にある長さ15センチの金づち型の臓器

消化液、インシュリンの産生工場

強力な消化酵素を含む膵液を十二指腸に1日約1リットル分泌する

膵臓内にあるランゲルハンス島から血中のブドウ糖を調節するホルモン

インシュリンとグルカゴンを分泌する

昔は単なる肉のクッションだと考えられていた

◆腎臓 重さ150グラム(片方)

腎臓の役割は、

血液をきれいにすること、血液をろ過して尿を作ること、ホルモンの分泌をすること

体内の水分量、電解質の調整をすること、ビタミンD活性をし骨の強化を助ける

腎臓の形はそら豆に似ている

毎分1リットルの血液が腎臓を通過する

腹膜の後方、へそよりやや上方、肝臓と膵臓の裏側にある

スポンサードリンク

臓に関するウンチク

臓とは、からだの内部ではたらく器官のこと、はらわた

からだの中には、肺や心臓など、いろいろなはたらきをする器官がしまいこまれています。それらを内臓といいます。「内臓」の「」という字はと書きました。「」の「」の「」は、(けらい)と(ほこ)と音を表す(ゾウ)(ほそながい、せがたかいの意味)をあわせた文字ですが、「ゾウ」の音が「倉庫」の「」とおなじに「しまいこむ」意味を表しています。これにクサカンムリを付けたは、作物をしまっておく「くら」の意味です。はからだのにくですね。「」は、(にく)と音を表す「」(しまいこむ)とを合わせた字で、からだの中にしまいこまれた、いろいろな器官を表します。

東洋医学では内臓を五臓六腑といいます。

五臓は、肝臓、心臓、脾臓、肺臓、腎臓のことで、

六腑とは、大腸、小腸、胆嚢、三焦、胃、暴行の六つのことです。

「臓」は内部が詰まっている器官

「腑」は内部が空いている器官を表します。

関連記事

スポンサードリンク
意外と知らない沈黙の臓器!人間の臓器のすごい働きと臓器の位置 はコメントを受け付けていません。 人間の臓器