運動嫌いだけど食べるの大好きな人【必見】ニートダイエット法

それほど食べてないのに!」太る私、ストレスのせいで、知らず知らずに食べているのかな?

いえ、本当は食べています!(キッパリ!)

「もう少し体重を落としなさい」「腹八分にしなさい」「運動しなさい」 こう言われても、なかなかできませんよね。

運動する時間がないし、食べたいもの、甘い物は我慢できないし。 でも、そんな方に、とっておきの方法があるんです。

それがニートダイエットです。

スポンサーリンク


 1日数回の階段の上り下りだけで20キロカロリー消化できる!

エスカレーター

実は運動しなくても、ある方法を使えば、痩せることができます。

ちょっと理屈っぽい話になりますが、少々お付き合いください。

今、糖尿病の患者は950万人もいると言われています(2012年国民健康・栄養調査結果)。

この患者数は、なんと昭和30年の患者数の約50倍にもなります。

50倍も増えた理由は何なのでしょうか。

豊かな食生活が原因なのでしょうか。

しかし、エネルギー摂取量の推移を見てみると、そうでないことが分かります。

2012年の日本人ひとり1日あたりのエネルギー摂取量は、1,874キロカロリーと、終戦直後(1945年)の1,903キロカロリーよりも少ない水準です。

1975年の2,226キロカロリーより減り続けているにもかかわらず、肥満者が増え続け、糖尿病患者数が50倍にもなっているのです。

ですので、考えられる理由は、日本人が昔と比べて動かなくなったということです。

掃除、洗濯も昔と比べれば重労働ではなくなり、階段の上り下りをしなくても、エスカレーターやエレベーターを利用することができます。

歩いて行けるところにも、自動車に乗って出かける、といったように、便利な世の中になったので、あまり体を動かさなくなったのです。

食べる量が同じであるのに太るということは、消費するカロリーが減っているからです。

ここで、出てくるのがニートです。

タイトルの「痩せたい!食べたい!運動したくない人の最終兵器ニート!」のニートとは、「NEAT(Non Exercise Activity Thermogenesis)」のことで、日本語では、「非運動性熱産生」といいます。

簡単にいうと、運動とは言えない日常のすべての活動で消費されるエネルギーのことです。

京都大学の森谷敏夫教授は、ニートについて分かりやすく解説をされています。

人は朝起きてから、夜寝るまで、ずっと動き続けています。布団から起き上がる。トイレに行く。座って、食べて、立って、出かける。バスや電車に乗って、階段を上がる。会社についても、誰かと話したり、打ち合わせに出かけたり、何かあるたびに座って立って、歩きまわる。本人がそれを運動だと意識しなくとも、実にさまざまな活動をしています。「30分のジョギング」というようなはっきりとした運動ではないかもしれませんが、確かにエネルギーを消費し続けているのです。これを「ニート」といいます。

このニート、日常生活の活動で消費するエネルギーは、一つ一つは少ないですが、すべてを足していくと大きなものになります。

階段を数回上り下りするだけで、1日20キロカロリー、1年で7,000キロカロリーになります。

この消費カロリーは、1キログラムの脂肪を代謝するエネルギーと同じです。

少ない人で、1日600キロカロリー、多い人では800キロカロリーにもなります。

食べたい!運動したくない!そんな方の最終兵器?が、ニートを増やすことなのです。

ニートも面倒くさいという方には、運動せずにエクササイズできる?話題のEMS「スポパッド」というのもあります。

スポンサーリンク

食事制限をして減るのは水分

ステーキ 森谷敏夫教授は、こう言われています。

ご飯を食べないなどの食事制限をはじめれば、目に見えて体重は減っていきます。ところが、そのほとんどは脂肪ではありません。減ったのは、水です。このことは、ぜひ覚えておいてください。 それが証拠には、減量をはじめてからしばらくすると、体重の減り具合がどんどん 鈍くなってきます。読者でダイエットを経験された人なら、うなずいていることでしょう。やがて、必死の努力にもかかわらず、体重の減りがだんだんと停滞してきます。

どうやら、運動をしないで食事制限をしても、うまくいかないようです。

ここ、大事ですね。

一時的に水分が減って、見かけ上、体重が減ることはあっても、筋肉が落ち、基礎代謝が低下するので、より太りやすい体質になってしまいます。

《食事制限するより、大豆100%麺ソイドル公式ページ

2007年に糖尿病の専門誌『Diabetes』に、「糖尿病を予防するニートの効用」に関する論文を発表したアメリカのハミルトン医師は、次のように言っています。

運動不足が 糖尿病の増加につながることは認めるとしても、仮にアメリカのスポーツ医学で推奨している1日30分のウォーキングを行ったとしても、1回100キロカロリー程度のエネルギー消費しかない。週に3回、まじめに続けたとしても、トータル300キロカロリーに過ぎない。ニートですら1日600キロカロリーから800キロカロリー消費するのに、運動での消費など大したことない。むしろ、1日のうち約16時間起きている時のニートを増やすほうがよっぽど重要ではないか。

いかがですか。

ハミルトン医師は、「運動での消費など大したことない」と言い切っておられますよ。

ニートに励んでみませんか?

2005年の科学誌『サイエンス』には、肥満気味の人と痩せ気味の人の行動記録が紹介されています。

肥満気味の人は痩せ気味の人と比べて、1日平均で約160分も長く座っていたことが分かったと書かれています。

この消費カロリーだけで約350キロカロリーとなります。

椅子に座っている時間を減らしたり、立っている時間や歩いている時間を増やして、運動はしなくても、まずはニートを増やしましょう。

また、ニートと同じように、特に運動しなくても筋肉に直接電気信号を送ることで、筋肉を鍛えて、基礎代謝を上げる方法があります。

森谷敏夫先生が開発に関わったSIXPADを活用したトレーニングです。

楽ちん筋肉作りをするなら、TV・各種メディアで話題の新商品【SIXPAD(シックスパッド)】

100%大豆麺で低糖質ダイエット

糖質ダイエット

無理なダイエットは悪循環を生み出すと申し上げました。

だから、ニートに励みましょうとも言いました。

低糖質によるダイエットも併用してはいかがでしょう。

ニートがおすすめとはいえ、人間食べずにはいられないし、食生活で何か変えることも大切かも?
 
誰しもが大好きな炭水化物ですが、糖質の塊なので毎食または一食でも減らすだけで、特に男なら簡単に効果が期待できますよ。
 
(女性は皮下脂肪が多いので男性ほどの効果はないとか。。)
 
ソイドルなら大豆100%で作られている麺になるので、うどんより糖質が96%カット!
 
食物繊維は6倍だそうです!
 
それに、ミートソースや焼きそばなどバリエーション豊富な調理ができるし、あきなそうだから、続けられる気がします。
 
 
ソイドル

関連記事

スポンサーリンク
運動嫌いだけど食べるの大好きな人【必見】ニートダイエット法 はコメントを受け付けていません。 ダイエット

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文